スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Burzum ‎– Den Store Samlingen



ノルウェー 2009年 ブート

Et Hvitt Lys Over Skogen" EP 7 Once Emperor" EP 7 Feeble Screams" EP 7
Spell Of Destruction" EP 7 Svarte Dauen" EP 10
というブート音源をかき集めたブート。元の音源の出所は良くわからないです。

ただ内容はかなり充実しており、Et Hvitt Lys Over Skogenがかなりクリアな音質で収録されていたり、既発の曲のヴァージョン違い・未発表と思われる曲が収録されていたりとBurzumファンにはかなりおいしい作品です。
Ildjarnを思わせるブラックメタルサウンドとBurzumのあの暗いアンビエントを組み合わせたMy Key To The Purgatoryには驚かされました。
Seven Harmonies of Unknown Truthsと言う曲はIldjarnのデモと同じタイトルですが何か関連があるのでしょうか。

本編以外にはDuet With Mayhemという男たちが適当に歌を叫んでいる曲(?)や
Han Som Reisteに老人のような声でぶつぶつつぶやく声が載る謎のトラックが収録されており怪しさマックス。

Burzumファン以外は手を出すことのない作品だと思いますが、ほかのブートとは違いレア音源も結構あるので逆に言えばBurzumファンは持っていて損はしないでしょう。

スポンサーサイト

2013/06/05 13:15 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Blessed in Sin - Unholy Reh / A Tribute to Euronymous



フランス 2012年 コンピテープ

A面が94年のリハーサル音源、B面は1995年にリリースされたライブ音源A Tribute to Euronymousという仕様。

94年のリハは割とシンプルなブラックメタルですがフランスのバンドというかBlessed In Sinらしい甘美でメランコリックなメロディとドラマ性はこのからしっかり存在感を示しています。
終盤になると急に展開が激しくドラマティックなサウンドになりますがこれがまた素晴らしい。
割とへヴィメタルらしい流麗なギターと様々な音色を使い分けるアトモスフェリックで美しく、時にゴシック風な耽美ささへ感じさせるシンセは本当に魅力的です。

B面の方は以前感想を書いたので特に書きません。
ただAB両面ともリマスターされているらしくかなり聴きやすい感じでした。

長く沈黙していたバンドですがそろそろ新譜やスプリットも出すそうなのでそれに大いに期待です。
あとはアルバムを再発してくれれば・・・

2013/05/18 13:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Black Prophecies - Descent into Hell



イタリア 2012年 コンピ 88年と91年のデモ、89年のリハ音源を収録。

初期SamaelやHellhammer、Celticfrostをドロドロに腐らせたようなドゥームブラッケンドデスで演奏は酷いですし勿論音質は劣悪と相当強力な内容なんですが当時のバンドならではの殺伐とした空気とむせ返る程のカルト臭には痺れますしちゃんと聴くとオーソドックスなスタイルのリフではありますがリフが結構格好良かったりと聴きどころは十分にあります。
当時Wild Ragsが目を付けていただけのことはあるなと思わせられますし、わざわざオリジナル音源を利用して再発されたのも納得です。
僕は非常に格好いいと思いますが、結構極悪な内容で好き者向けであることは間違いないと思います。

2013/03/23 13:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Bob Catley-The Tower



イギリス 1998年 ソロとしては1st

MagnumのVoのソロアルバムでTENのGARY HUGHESが作曲やプロデュースを手掛けレコーディングにはTENのメンバーが参加しています。
ケルティックなイントロには少し驚かされましたが哀愁のメロディが素晴らしいドラマティックな#1は素晴らしい名曲ですし、掴みは最高です。
その他の曲も美しく悲しいメロディが冴える楽曲ばかりで飽きませんし、所々ケルトなメロディも良いアクセントになっています。勿論Bob Catleyの声は本作でも最高です。
特にスローで壮大で物悲しい#6は楽曲の凄まじさもありますがBob Catleyの歌声は特に絶品です。
ジャケットもどこか冷たさを感じさせる楽曲に合っていますし、これは名盤と言われているのも納得です。

2013/03/12 21:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

BATTLEGOAT - Warlust and Witchcraft



フィンランド 2010年 デモ

ザクザク刻むキャッチーなスラッシュリフでスタスタ小気味良く疾走するパートとメロディアスではないものの暗く冷たい感じを漂わせるブラックメタルパートで押しまくるパートを上手く組み合わせたブラックスラッシュです。バンド名やタイトル的にRawでBestialなサウンドを予想していましたが、音質は良好ですし演奏もかなりタイト、楽曲も緩急を付けて疾走するよく作られているものでかなりハイクオリティなデモです。

2013/01/30 17:45 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。