スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Degreed-We Don't Belong



スウェーデン 2013年 2nd

1stが日本でも話題になり、本国でもビッグな存在のバンドになりつつあるそうです。
あと有名なJ-POPのプロデューサーが絡んでいるようです。

音楽学校出身者で構成されているだけあって上手い歌に上手い演奏とツボを心得たフックの曲、たっぷり練り込まれたスウェーデンらしいポップでメロウな旋律もキャッチ―と驚くほど高品質なメロディアスハードを聞かせてくれます。ただあまりにも高品質すぎて優等生過ぎる、少し大人しく感じられてしまう場面も多々あります。
曲も割と大人し目ですし、音質もエッジは効いているけどかなりポップ寄りだと思います。
間違いなく素晴らしい作品でこれに文句をつけるのもなんですか、もうちょっとラフでもいいんじゃないかなとは思いました。
1stの方が断然いいという声もちらほら見かけるので是非聴いてみたいですね。

スポンサーサイト

2013/07/23 00:36 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dragoner-Dragoner



メキシコ 2010年 1st

徹頭徹尾2バスドコドコで疾走しまくるKey入りメロディックスピードメタル。

ある意味偏執的にも思えるその速さと疾走へのこだわり、スラッシュに足を突っ込んでる感じもするギターリフ・そして明るくキャッチ―なメロディの絡みは嫌でもDragonforceを思い出します。

演奏は巧いですし楽曲も疾走一辺倒とはいえ格好良く、中々高品質ですが巻き舌前回のスペイン語Voを始め音から滲み出してくるB級くささと南米らしい暑苦しさがこのバンドの最大の魅力かもしれません。
もうすこしメロディに派手さが出てくると化けそうな気がします。

2013/07/16 19:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

DOUBLE BOGYS-What Fun-1988-1990



日本 2005年 音源集

所謂メロコアの走り、的なバンドのようです。
スピーディーなリズムと兎に角耳に残る美しくポップでキャッチーなリズムが乗り一気に駆け抜けていくスタイルは正にそれなんですが、どこか影の漂う雰囲気や歌詞、エスカルゴ氏の失礼な話決して上手くは無いですが魅力的なVo等独特な雰囲気に満ちた非常に魅力的なサウンドをやっています。
実験的なアプローチを取り入れたり、ポップながらどこか一筋縄ではいかない曲展開も魅力的。
個人的にはやはりメロディの素晴らしさに耳を惹かれた訳ですが、本当良い作品だと思います。
メロコアとかHawaiian 6くらいしか聴かない自分ですが本作はとても楽しんで聴けました。

2013/01/23 02:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

DOBERMAN-ESPECIAL Doberman



日本 2008年 過去音源の再録ベスト

最近スカに興味が出てきたと思ったときに教えていただいたバンド。
スカは殆ど聴いた事が無いので比較対象などは全くわかりませんがノリノリな疾走感と
ホーンセクションのどこか和風な雰囲気の漂うメロウでノリノリなメロディと
独特な世界観と歌声はとてつもなく格好いいです。
陽気でシニカルな感じを漂わせつつも暗く物悲しいオーラの強い全体的な空気感はとても好み。
今まで縁が無かっただけで聴いてみるととても好きな音楽だったので、今年はスカコアとかも少しずつ聞いてみたいですね。

2013/01/05 18:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dominoe-Keep In Touch



ドイツ 1988年 1stの2007年再発盤

2名のKey奏者を擁するバンドでKeyが大活躍するメロディアスハードをやっています。
かなりポップな作品ですが爽やかで哀愁の漂うメロディの充実度が素晴らしく、どこか近未来的な雰囲気を醸し出す
ツインKeyも効果的に使われています。Gtもここぞという所で印象に残るテクニカルでメロディアスなソロを決めてくれますし、ハスキーなVoが歌い上げるキャッチーな歌メロも印象に残ります。
時代を感じさせるKeyの音色や打ち込みの音のチープさは時々笑ってしまいますが、これはこれで良い味ですね。
メロハー好きの間では傑作と称されているようですが、確かに名作だと思います。

2012/11/20 17:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。