スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Iron Angel - Winds of War



ドイツ 1986年 2nd

ドラマティックで重厚なイントロにおっ?と思わされますが本編も1stとは若干毛色の違う作風となっています。
疾走しまくるスピードメタルであることには変わりありませんが、1stの様なやけっぱちな爆走は多少抑えられより正統派メタルへの回帰を強めた作風になっています。

楽曲もそこそこ展開が出てきて疾走一辺倒ではなりましたし、演奏にも多様性が出てきました。
Voも相変らずへたくそではありますが、ロブ・ハルフォード風の声でちゃんと歌メロを歌っています。
また何よりリフとソロに大幅にメロディが導入されたのが印象的です。
本作は前半も格好いいですがアルバム後半になるにつれて楽曲のクオリティもどんどん上がっていきます。

ドラマティックで美しいイントロが印象的なSea Of Flamesから1st以上にアグレッシブに爆走するCreatures Of Destructionの流れは壮絶に格好いいです。
ちなみにSea Of~ではリッチー・ブラックモアの息子ユルゲンがゲストで参加していますが非常に凡庸。

Creatures Of Destructionはリフ・歌メロも格好いいですしなにより中盤から始まるメロディックでフラッシーなギターソロを大胆にフィーチャーしたツインギターのバトルは悶絶モノです。
この曲は本当に格好いいと思います。

そして最後はアコギをバックにメロウに歌い上げる小曲で静かにしっとりと〆るのですが、このアウトロがイントロに繋がるのがまた憎いです。
あとこのバンドのVoは普通に歌うと中々魅力的な声をしています・・。


1stの頭の悪い爆走サウンドが好きな人からすると若干物足りなくあるかもしれませんが個人的にはHelloweenのWALLS OF JERICHO辺りを彷彿とさせる本作の方が好きですね。

スポンサーサイト

2013/06/19 14:05 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Iron Angel - Hellish Crossfire



ドイツ 1985年 1st

ブックレット裏には「このアルバムは全てのヘヴィメタルファン・スピードメタルファンの為に作った」と言うような事が書いてありますがこの謳い文句の通りへヴィメタル愛に溢れたNWOBHMがスラッシュメタルに移行する過渡期的なスピード・スラッシュメタルをやっています。

とにかくひたすら疾走し続けるそのサウンドは非常にアングラでマイナー臭漂うものですが、このへヴィメタルが大好きなのが良く伝わってくる不器用なサウンドはとても好感が持てます。

ボーナスとして収録されているデモは本作と楽曲がほとんど被っていますが、デモならではの劣悪な音質と非常に荒々しく粗暴に爆走する楽曲の相性は抜群でかなり勢いに満ちた格好いいものになっています。
個人的にはこちらの方が好きかもしれません。

と言うわけでC級メタル好き意外には必要のないアルバムですが僕は凄く良いと思います。

2013/06/19 13:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Iron Curtain - Road to Hell



スペイン 2012年 1st

メタル大好きな感じがバシバシ伝わってくるド直球なへヴィ/スピードメタルですが演奏や音質はしっかりしているしソロだけでなくリフにもツインギターの泣きのメロディを上手く絡めて軽快に疾走する楽曲は中々よくできています。
汚い野郎系、というかレミーな感じのがなりVoやMotorhead的なドライブ感も非常に心地よいです。
かなり野郎臭くて小汚い感じのへヴィメタルですがかなりメロディアスでもあるので聴きやすいと思います。
個人的にとても好きなサウンドなので今後にも期待です。

2013/05/09 23:09 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Imprecation - Theurgia Goetia Summa



アメリカ 1995年 コンピ 本作は再発盤

Chris Moyenジャケな時点で解ると思いますがサウンドの方はドゥーミーなズルズルパートに疾走パートを組み合わせた邪悪でサタニックな雰囲気バリバリで腐敗臭漂う地獄デスメタルです。
サウンドの基盤にあるのはやはりINCANTATIONなんでしょうが若干ウォーブラック的などす黒さも感じさせるところがあったりするのが良い感じです。
また結構味付けにシンセが導入されておりこれがまた妖しく荘厳な空気を作り出していて面白いです。
数年前に復活し今年1stアルバムをリリースするようでこれはまた楽しみです。

2013/05/09 22:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Irreverent - Blasphemous Crucifix Profanation



アメリカ 2012年 デモや未発表音源、ライブ音源を収録したコンピ盤

Black Witcheryの前身にあたるバンドで禍々しい空気を撒き散らすトレモロリフでドシャドシャ爆走するパートとズルズルドロドロと腐臭を放つミドル・スローパートを組み合わせた邪悪極まりないブラッケンドデスをやっています。
楽曲の基本的なスタイルや展開はどれもほとんど似たような感じなんですがスラッシュメタルが極限まで禍々しくなったようなリフは非常にグレイトですし作品全体に充満するどす黒い空気は病み付きになります。
音質もこの手の音源にしてはまとも、というか程よい汚さである意味聴きやすい(もっとガリガリでもいい)ですしライブ音源の異様な感じもとても良いもので、Black Witcheryファンは勿論邪悪ブラッケンドデス好きは押えておくべき作品だと思います。

2013/03/31 22:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。