スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

No Shame-Good Girls Don't Last



イギリス 1989年 1st

ディスクユニオンで流れててそれが気に入ったので購入。480円でした。

明るくキャッチ―でノリのいいオーソドックスなハードロックをやっています。
余り個性は有りませんが、時に少しメランコリックさもある軽快でソリッドなサウンドは中々魅力的ですし、
線は細いもののキュートな声質でギャンギャンスクリームしまくるVoも音楽性と合っていて良い感じ。
演奏も中々しっかりしているので聴きやすいです。
これであともう一歩楽曲が突き抜けてくれていればもっと有名になれたんではないかと思います。
ちなみにガールズバンドなんですがメンバーは割とおばさん臭いです。

スポンサーサイト

2013/06/19 13:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nuctemeron-Industrial Pollution

Cópia

ブラジル 90年のデモにライブ音源やデモを追加したブート。確か28曲入りで29分です

それこそ10秒程で曲が終わってしまうようなショートカットグラインドで土地柄時柄勿論音質はノイズまみれでかなり強烈で極悪な音源です。
ただよく聴いていると2分くらいある曲はかなりリフなんかも格好いいですし、邪気を撒き散らしながら物凄い勢いで爆走するノイズと初期衝動の塊のような楽曲は滅茶苦茶格好いいですし気が狂っています。

ライブ音源はどうせ聴けたものじゃないだろうと思ってましたが意外とちゃんと聴ける(勿論音は悪いです)ものですし客の盛り上がり方もちょっと異常な感じがします。

リハ音源はちょっとブラッケンドデスみたいなどす黒いオーラが出るようになっていてこれも痺れるほど格好いいですしこのまま続けてくれてたら結構良いバンドになっていたんじゃないかと思います。
曲も長くなっていて(2分足らず位はある)デモのようなキチガイじみた雰囲気は余りありませんがこれもまた相当格好いいですね。

なんとなく気になって金を捨てる覚悟で買った音源でしたが思っていた以上に素晴らしい邪悪な音源でした。
最高

2013/05/09 23:59 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

NECROMASS - Abyss Calls Life

images (1)

イタリア 1996年 2nd 未発表曲2曲を加えジャケ違い再発されたもの。

サウンド的には1stを進化させた路線でメロディの良さや曲の練りこみの深さなどが格段とアップしています。
特にどことなくクラシカルな趣さえ感じさせる繊細で美しいメロディを奏でるギターとよく動くベースのメロディが非常に秀逸です。
大仰な展開が増え若干エピックメタルぽさが加味されたせいか、Varathronみたいな雰囲気が出ているのが面白いです。
不気味な女性コーラスやシンセも良い仕事をしています。
1stのある意味荒削りさ故に醸し出されていた胡散臭さ・おどろおどろしさみたいなものは若干薄れていますが本作は本作で素晴らしい作品であることに変わりはありません。

2013/02/07 21:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Necromass - Mysteria Mystica Zofiriana

necromassmysteria.jpg


イタリア 1994年 1st

本作は93年のHis Eyes、94年のBhomaという2枚のEPに96年のライブ音源を追加しリマスター再発されたものです。

個人的な認識としてはMortuary Drapeと並ぶイタリアンブラックメタルの2大巨頭というイメージのバンドです。
ブラックメタルにオカルティックかつミスティックな要素や変態がかった展開を絡めた妖しさ満点のサウンドという点ではMortuary Drapeに通じるものがありますが、Mortuary Drapeが根幹としていたサウンドはオールドスクールなブラッケンドスラッシュであったのに対しこのNecromassはあくまで90年代以降のブラックメタルを基調としています。
ピアノやシンセ、アコギをふんだんに取り入れたメロディアスでシアトリカルでドラマティックなそのサウンドはリマスターが施されクオリティがUPしていることを考慮に入れても非常に独創的かつ素晴らしい作品ですし、Mayhemの1stと同年にこれだけのブラックメタルを確立していたバンドがイタリアにもいたということは驚きです。

His Eyesはデスメタル色が強いですがクラシカルなアコギやメロデス的とも言えるメランコリックな旋律がふんだんに取り入れられておりこちらも格好いいです。Bhomaは今一かなぁ。Vinterlandみたいなメロは出てくるけど。

そんなわけであまり日本では知名度がなさそう(最近ユニオンでオリジナル版が微妙に高い値段でよく売られています)ですが、このバンドも初期ブラックメタルを語る上では重要な存在なんじゃないかなーと思います。

2013/02/07 21:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nephenzy-Where Death Becomes Art



スウェーデン 1998年 1st

ユニオンの「98年 Swe メロブラ」という説明だけを頼りに900円で拾ってきたCDですが、これは素晴らしい買い物をしました。
僕が一番ブラックメタルで好きな「90年代スウェディッシュメロディックブラック」というかSacramentumの1stそのまんまなファストでドラマティックで冷たく悲しい旋律を満遍なく張り巡らせたサウンドで自分の好みにドンピシャです。
ギターの奏でる旋律は「こういうのを求めてるんだよ!」と言いたくなりますし、疾走感のある軽快なドラムを中心に演奏もタイトで非常に聴きやすい、というかもっと評価されてもよかったんじゃない?と思います。
No Fashionから出てたりしたらもっと人気のある作品だったのでは。
#1・#3の格好良さと慟哭具合は中々のものです。

バンドはその後Nephenzy Chaos Orderに改名し2003年にアルバムをリリースしているようですがそちらはかなりデスメタル化しており格好いいもののこのアルバムが好きなのでがっかりでした。
現在は解散しているようです。

2013/01/30 18:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。