スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Umbral Presence - Caelethi I



ロシア 2006年 1st

展開の激しい打ち込みドラムと手数の多い複雑なリフ、シンフォニックで冷ややかでミステリアスなKeyが
印象的なインダストリアルブラック・デスメタル。
無機質で冷たい質感がかなり強調されたサウンドで中々独特なタッチを感じさせる一枚。
テクノっぽいアプローチもあったりして一筋縄ではいかないサウンドを聞かせてくれます。
実はかなりメロディの質も高い。

スポンサーサイト

2012/06/03 00:13 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Ufych Sormeer-Crazy Mac

3760054220737 (1)

フランス 2006年 2nd

大分前に買ってそれなりに愛聴してたんですが忘れてました。
1stはヒロイックなシンフォブラックでしたが今作はプログレメタル化しています。
底抜けに明るくキャッチ-な#1に驚かされますが、それ以降も全体的に躁な感じの明るいメロディが
バンバン出てくるサウンドでHolyらしい個性的な仕上がり。
テーマはファンタジックなようで、1stを思わせる勇壮なKeyが入ってきたりもします。

#1がとにかくノリノリで素敵なのでそればかり聴いてしますし、他の曲が
個人的に印象に残らなかったことも有り良質ながらあまり記憶には残らない作品。

2012/06/03 00:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Under Moonlight Sadness -Moonlord



メキシコ 2009年 EP

2003年に録音された5曲と2005年のライブ5曲を収録。

Buried Dreamsの1stからあのやたらクサいメロを減退させ
芋臭さを増幅させたようなC級メロディックデスメタル。
随所随所でシンフォニックなKeyや叙情的なメロディが切り込んできますが
楽曲の方はあくまでメキシコらしい暑苦しさを漂わせる激しいデスメタルなので、バンド名やジャケから
連想されるようなクサクサ泣き泣きのサウンドを期待すると若干肩透かしを食らうかもしれませんが
中々硬派で格好いいサウンドです。

2012/04/16 20:35 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Unfit Ass.-Absurd Reality / Flagging Water



ハンガリー 1991年と1992年のデモのカップリング再発

最初に聴いた時はあまり印象に残らなかったですが再度聴き直してみると
Disgraceなんかに通じるようなグル―ヴィーでノリのいいミドルテンポ主体の
オールドスクールデスメタルで格好良かったです。
ドロドロ感や邪悪さは薄いですがしっかり構築された楽曲で聴かせるタイプ。
産地や年代を考慮するとかなりクオリティの高いデモだと思います。

2012/04/16 19:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Ulfhethnar - Essence of Superiority



アルゼンチン 2005年 1st

バリバリの劣悪な音質が耳に痛いがやっていることはチープな打ち込みドラムに
ノイジーなトレモロリフがのる凡庸なプリブラ。
所々で聴かれるメロディアスなパートはそこそこ魅力的ですが、全体的な完成度としては微妙。

2011/04/01 14:55 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。