スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Gardenian-Two Feet Stand


一時期In Flamesにもサポートメンバーとして参加していたNiclas Engelin氏(Gt)率いる
メロディックデスメタルバンド1997年作の1st。

初期In Flamesの影響を強く感じさせるイエテボリスタイルのメロデスをクリエイトしている。
しかし、単なるフォロワーで終わってはおらずVoはミカエル・スタンネ系の力強い咆哮と
絶叫系デスボイスを使い分けており、Gtの奏でるメランコリックなメロディーも極上。
慟哭メロをまとい疾走するパートはかなりの扇情力を持っている。
全曲完成度も高く、涙腺を刺激されること間違い無しなので、
メロデス好きなら是非購入をお勧めしたい一枚。

スポンサーサイト

2008/07/31 20:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Angel WitchーAngel Witch


NWOBH期のバンド1980年作1st。

去年の今頃に無性に聴いてみたくなり池袋ユニオンで入手した一枚。

なんといっても#1Angel Witchに尽きる。何度聴いてもかっこいいですよこの曲は。
他の曲もソロ自体はオーソドックスな感じのソロなのだけど
(White WitchやFree Manのソロは素晴らしい。)、
リフやバッキングがかなりしっかり作りこまれいる印象。White Witch中盤のメロウパートとか最高。
あとメイデンっぽいSweet Dangerもかっこいい。Angel Of Deathも忘れてはいけない。
つーかまぁ全曲かっこいいですよwww
ラストを締めくくる叙情的なインストDevils Towerは泣ける。

とりあえずメタル好きなら聴いとけと声を大にして言いたい。

2008/07/31 00:19 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Amoebic DysenteryーHospice Orgy



アメリカ産 アメーバ赤痢系基地外グラインド2006年作2nd。
マシーンによる、速すぎて音がつながって聞こえるマシンガンブラストを軸に
結構オーソドックスでかっこいいブルデス風リフやノリの良いリフ、
クリーントーンギターのメロウでポップなリフ、
ゲボゲボVoと高音喚き、ファニーな感じの普通声を使い分けるVo、エロ・スプラッタ系SE
これらが一体となって爆走しまくるグラインドコア。

アホなジャケやブックレットの下劣極まりない塗り絵(なぜかラストだけ可愛らしい小鳥)、
マシンガンブラストなどから色物、ネタバンド的な雰囲気をどうしても感じてしまうが、
弦楽隊の演奏技術は中々高いし、リフもブルデス風、スラッシュ風・グラインド風と
器用に弾いているし、どれも中々かっこいい。

全29曲でトータルタイムが29分29秒なところなんかは彼らの拘りなのだろうか。。

2008/07/31 00:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

PEURS ANCESTRALESーSupplices Infernaux


フランス 2005年作1stデモ。

しっかり緩急を付けて叩かれるドラムにノルウェイジャン系のコールドなトレモロを絡めた
オーソドックスなスタイルのプリミティブブラック。
時折発散される中々強烈な悲壮感は同郷のSeigneur Volandを髣髴とさせる。
他のフランス産バンドはメロウさを強調しているバンドが多いと思うけど、
このバンドはコールドな雰囲気を打ち出していて、これはこれでかなりかっこいいです。

2008/07/30 23:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Necropsia - Die Fucking Bastard


チリ 2005年作1st。
クリスモイエン画伯による邪悪極まりないジャケを見て、
極悪ブラックスラッシュ系を期待して購入したのだが、実際はデスメタル色も強いリフに
メロディアスなトレモロを絡め疾走するスタイルで、若干肩透かし気味。

普通に聴けば正統派メタル的なメロディがあったりと叙情的で悪くは無いけれど。

2008/07/30 23:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Natt-Cursed By Eternal Agony


トルコ 2005年作1stデモ。
タム回しを結構な頻度で入れながら2ビートで淡々と疾走するドラムに
ノイジーな音色の寒々しいトレモロリフ、がなり系Voが絡む。

トルコのバンドは今まで聴いたことがなかったが、
王道ノルウェイジャンスタイルのブラックメタルを聴かせてくれる。

非常にストレートな音楽性で特筆すべきところはみあたらないが中々良い感じ。
初期DARKTHRONEなどが好きなら楽しめるのでは。

2008/07/30 23:22 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Savage - Loose 'n' Lethal


NWOBHM期のバンド1983年作の1st。
タイトルトラック#1はデビュー当時のMETALICAがライブレパートリーししていたらしい。
確かにスラッシーな雰囲気もある疾走曲でかなりかっこいい。

しかしそれ以降の曲を聴いていく内に、彼らの目指した音楽性というのは
NWOBHM的というか、英国的な哀愁を湛えたミドルテンポ主体のキャッチーな
楽曲にメロウなVoの乗るスタイルなのかなぁと思った。

やはりアグレッシブな#1に圧倒されるけども、#2や#4(イントロは最高に美しい)も本当に良い曲です。

2008/07/30 18:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

CrucifierーCursed Cross


ギリシャのスラッシュメタルバンド2006年作2nd。
ベイエリアスラッシュ的な刻みの細かいリフでスタスタと疾走する楽曲に
はき捨てるVoや掛け声の絡むスラッシュメタル以外の何者でもない
王道スタイルのスラッシュメタル。

聴いていると自然にヘドバンしたくなる中々の佳作。
最近は80’スラッシュ回帰のムーブメントが起きてるみたいですけど、それに影響されて
スラッシュも色々聴いてみたいと強く思う今日この頃。

2008/07/30 17:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Goatlord- Reflections of the Solstice



アメリカのオールドスクールドゥーム・デスメタルバンド1991年作1stの再発。

ドゥーミーでドロドロズルズルした不穏な空気を纏ったオールドスクールデスメタル。
疾走パートも結構多いのだが、ドラムがばたついているというか、
「疾走パートなのに疾走感の全く感じられない叩き方」なので疾走していていても、ドロドロしている。

リフにはHell Hammmerや初期Celtic Frostっぽさも感じられてグッド。
聴いていると気だるい気分になったりするけどれど、これは中々かっこよいです!

2008/07/30 17:46 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Valsblut / WarageーVestiges D'une Nouvelle Ere


フランスのNSBM同士のスプリット。2004年作。

Valsblut(#1~4)
2ビート主体で叩かれるRAWなドラムに、モコモコしたGtで奏でられる、
フランス産らしい怪しげでメロウなトレモロリフ、呪詛系のVoが絡む。
曲のボリュームが途中で変わったりとかなりローファイな音質だが、
フランス産らしいプリミティブブラックで中々良い感じ。


Warage(#5~8)
高速2ビートを基本にミドル~スローも絡めつつ叩かれるドラムに
ファストパートではメロウなトレモロ、ミドルパートではノリのいいスラッシーなリフを奏でるGt、
がなるVo、チープな音色のBaが絡むRAWファストブラック。
Enthroned辺りをチープにしたような印象。

個人的な好みからするとValsblutの方が好みなのだが、Warageもメロウな疾走パートと
ノリのいいミドルパートの対比が中々面白い音だった。

2008/07/30 17:24 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Enthroned-Tetra Karcist


ブラックメタルを聴きはじめたころから大好きなバンドのひとつである
ベルギーのベテランブランブラックメタルバンド2007年作7th。

今作からはバンド唯一のオリジナルメンバーであるLord Sabathan氏が脱退、
それにより新しいBaが加入し、GtのNornagest氏がVoも兼任している。

サウンド的には従来のスラッシーな雰囲気のあるブルータルブラックだが、
怒涛のブラストパートだけではなく、メロディアスなギターソロや
ミドル~スローパートにメロウなリフを織り込んでいるため、ダレずに聴けた。

また、グレゴリア聖歌風のコーラスを随所に入れたりして演出される、暗黒荘厳な世界観も素敵。

Voに関してはドスの効いた中々邪悪なデス声を披露してくれている。
現在はGriffarに移籍してしまったAlsvid氏 (ex-Seth)の激速ドラミングも聴き所。

Lord Sabathan氏の噛み付くような絶叫が聴けなくなったのは残念だが、
これからも新生Enthronedに期待していきたい。

2008/07/30 16:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Satan- Court in the Act


NWOBHM期のバンド1983年作1st。
シンセによる1分ほどのインストから始まる神曲#2は冒頭の爆音に驚かされますけど
これがもうかっこいいのなんの。スラッシーな雰囲気を持ちつつも
メロディアスなツインギターのリフ・ソロがふんだんに取り入れられていて
私はこれがいわゆるメロスピとかの元祖的な曲なのでは、なんて思ったり。

他の曲もかなりアグレッシブなのにメロディアスなギターがたくさんで素晴らしい。

音質はVenomの1stみたいにRAWで決して良いとは言えないんですけど、
これが曲の荒々しさを強調していてこれはこれで有りじゃないかと。

とりあえず四の五言わずに聴け!と言いたい。
私が持っているのはSAVAGEの「LOOSE 'N' LETHAL」とのカップリング再発でした。
一枚で二度美味しい!!

2008/07/30 01:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Ninnghizhidda- Blasphemy


ドイツのシンフォニックブラックメタルバンド1999年作1st。

大仰でクッサクサなシンフォアレンジをふんだんに施し、美しいアコギ・女性Voを絡め
中々強烈な哀愁を撒き散らしながら疾走する整合感のある楽曲は、
クサいシンフォブラックが好きなら確実に楽しめるであろうクオリティの高さ。

これでもかとクサいメロディを奏でるKeyに負けじとクラシカルな雰囲気さえ漂うリフを奏でるGtも素敵。
Voも喚き・グロウル・普通声を巧みに使い分けて作品全体のドラマ性を高めている。

どの曲も中々よく出来ているのだが、#9「Deny The Philosophy」で聴かせてくれる
4分ほどの楽曲の中に炸裂する耽美的な音世界はCOFに通じるものがあるのではないか。

非常に素晴らしいバンドだが、2002年に2ndを出して解散している。

2008/07/30 00:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Visthia-Reditus Conscientia


イタリア産2006年作1st。

スウェディッシュ系を髣髴とさせる寒々しく、メロウで荘厳なトレモロリフに
暗くメランコリックなリフを絡め疾走するファストブラック。

演奏はかなりタイトでドラムも速いブラストを機械のごとく叩き出している。
Voは泣き喚き系とがなりを足したような声。

作品全体を覆う寒々しいながらも暗く・憂いのあるムードが素敵。
全体的にかなり高品質のメロディックファストブラックに仕上がっておりお薦め。

余談だが最初はデプレ系だと思ってジャケ買いしたのが、良い意味で裏切られた一枚。

2008/07/30 00:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

GernotshagenーMäre Aus Wäldernen Hallen


ドイツのペイガンブラックメタルバンド2007年作2nd。

ミドル中心に時折高速2ビートも叩き出すドラム、
アトモスフェリックな音色を中心に、メロウかつ勇壮な雰囲気を作り出すシンセ、
正統派メタル的なバッキング、メロウなソロを奏でるギター、
哀愁漂うフォーキッシュなアコギ・朗々と歌い上げる普通声、漢臭いがなり声、
喚き声を使い分けるVoが絡む、ドラマティックなペイガンメタル。

ギターよりも荘厳でクサいシンセの方が前に出ているのだが、
このアトモスフェリックなシンセが美しくも悲しい雰囲気を醸しており素敵。

ただ残念なのが、喚き系デス声のしょぼさ・音質のスカスカさ。
あとKeyと比べるとバッキングが没個性的というか普遍的過ぎるというか・・・・。
メロウさ炸裂のソロはかなり良いのだが。

でもまぁクオリティはすばらしいです。

2008/07/27 01:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Wolfheart - Cold Breath


フィンランドのメロデスバンド199年作の唯一の1st。うにおんで300円でした。

初期In Flames辺りを髣髴とさせる、メロデス黎明期のイモ臭さも残る、
イエテボリスタイルのメロデスに若干のゴシック・ブラックテイストを振りかけた感じ。

サウンド的には、音質も含めB級の粋を出ていないと思うが、激烈さはあまり無いものの、
フィンランド産らしい透明感のある、叙情メロディをふんだんに取り入れたアップテンポな
楽曲はメロデス好きには結構アピールするのでは。
#5なんかは結構オッと思わせてくれる佳曲。

そんなわけで初期In Flamesを初めとするイエテボリ勢が好きなら聴いて損は無いでしょう。

2008/07/27 01:36 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Embers- Embers


元々はクラストコア畑の出身らしいバンドの2007年作EP。

Voは女性でBaも兼任している。Keyとヴィオラ担当者も在籍。

ドゥーミーなリフ・展開があったり
ヴィオラ、ピアノ、メランコリックなリフ・ベースライン、アルペジオが絡む、
極上のメロウパートがあったり・ブラックメタル的な邪悪な疾走パートがあったりと様々な展開を持つ、
ゴシック的な湿り気を伴った混沌・悲しみ・怒りがグルグルと渦巻いているかのような
ダークでドラマティックな音楽性。


水木しげるタッチ風なジャケの狼や、ブックレット内に跋扈する古めなタッチの
異形達がレトロな感じの音色と相乗して、なんとなく切り捨てられてきた古の者達の哀しみ・怒りみたいなものを感じたような気がした。もしくは古い森にすむ妖怪とかそういった感じのなにか。

2008/07/27 01:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Adversam- Proclama


イタリア産シンフォブラック2008年作の2nd。アルバムとしては9年ぶり。

時折ミドルも入るものの、ほとんどはバコバコ激走する2バス踏みまくりのドラムに、
荘厳かつメロディアスなリフ、デスメタル調のリフを奏でるギター、
美しくも神秘的で若干スペーシーなKeyが絡む、激ファストなシンフォニックブラック。

Voは低音~中音域のがなり系デスボイスとクリーンボイスを使い分けており、
ブラック系の喚き散らすデス声はあまり聴かれない。

バンド自体の演奏力も高く、楽曲もほとんど爆走一辺倒なものの
リフがメロディアスかつ多様性があるので、ドラマティックに仕上がっている。

しかしどの曲も3~5分ほどで、少し物足りない。

ハイクオリティなブルータルシンフォブラック作にしあがっているので、
Dimmu BorgirやVesaniaなんかが好きなら楽しめるのではないか。

2008/07/27 00:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Xexyz - Primeval Mountain



アメリカのファミコンプリミティブブラック2006年作1stの再発。

薄っぺらいギターで奏でられる寒々しいトレモロに半泣きみたいな情けないVo,
チープなマシンドラムが絡むポンコツブラックに、ファミコンの曲みたいな8ビットの薄っぺらい
旋律が絡む。この絶妙なセンスで纏め上げられたポンコツ具合が個人的に堪らない。

変り種が好きならかなり楽しめるのではないだろうか。
最近のブラックメタルにマンネリを感じる貴方は是非これを聴いてほしい。
笑えるけど結構かっこいいので。
マイスペのリンクにある8 Bit Mayhemなるバンドが凄まじくよいのでコンタクトをとってみようかなぁと。

2008/07/10 01:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Demonic ResurrectionーA Darkness Descends




インド 2005年作2nd。

シンフォブラック系の煌びやか大仰なKey・キレのあるザクザクと刻まれるメロディックリフ
・ディープなグロウルと優しげ伸びやかな普通声を使い分けるVoが絡み合い
ブルータルパートと、普通声で「聴かせる」ミドル・スローパートの対比もしっかりとした、
激ドラマティックに展開する極上のキラキラメロデス。

メロデスとしての美しさも兼ね備えつつデスメタルのブルータリティをしっかり
保持しているところも非常に好印象。
ところどころに入ってくる女性声は弱弱しいものの、可憐な声質で萌えますww
ブックレットに写真が載っているが中々の美人だった。

とりあえず捨て曲は一切無し。
プロダクション・演奏・楽曲全てが一線級の素晴らしいクオリティでまとまっており、
インドのバンドとは思えない。Acrid Semblancetといいインドのメタルシーンは情報が少ないだけで、
他にも良質のバンドが転がっているのかもしれない。

2008/07/10 01:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Mayhem-Live In Zeitz 1990



言わずと知れたノルウェージャン・ゴッドDEAD在籍時のライブ音源に1988年のリハ音源を付けたもの。おそらくブート。

セットリストはLive in Leipzig と同じ(曲順に若干の変更はあるが。
音質は当然のごとく良くは無いが、ギター・ドラム・ベース・ボーカルがちゃんと聴き取れるし、
曲の輪郭もしっかりつかめるので普段デモテープなんかを聴いているならば普通に聴ける音質
だと思う。
うまく書くことができないのだが、ライブならではのRAWさが加算された初期の名曲(Baried By Time And Dustは絶品)は最高だし、DEADのボーカルも凄まじく邪悪でかっこいい。
やはりMAYHEMは偉大なのである。

リハ音源のほうはかなり音質が劣悪で、雰囲気モノという感じかなぁ。
未発表曲も一曲入っているが、その曲の始まり方とリフがEmperorの名曲「Ye Entrancemperium」
と全く同じ(!)なのが非常に印象深かった。(Emperorがパクッた??)

2008/07/10 00:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Northern FrostーEwige Kalte



ドイツのプリミティブブラック2007年作のEP。

透明感のあるメランコリックなクリーントーンギターによるイントロ#1からして中々の哀愁を漂わせている。
本編のほうは起伏を付けて叩かれるドラムに、かすれ気味でギャアギャア喚き散らすVo
、荒めの音質でかき鳴らされるトレモロリフが乗るオーソドックスなスタイル。
しかし、凍えそうな冷気と、切ない悲壮感を宿したトレモロリフは流石ドイツ。

2008/07/10 00:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Aeba - Im Schattenreich ...




ドイツの女性Key擁するシンフォブラックメタルバンド1995年のデモ再発。

メロディックなトレモロリフにアトモスフェリックなKeyが絡み、疾走からミドル・スローと
巧く緩急を付けてドラマティックに展開する楽曲は目新しさはないものの、
それなりに上手くまとまっている。

しかし楽曲が一曲一曲長いので、単調に感じてしまう部分があるのは否めない。
Keyは派手派手に導入されている訳ではないが、所々で美しい旋律を奏でている。

とりあえず一番気に入ったのは美しく悲しいピアノメインのインストだったとさ。

2008/07/10 00:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Crucifixion Wounds- War Summoning



ドイツのプリミティブブラック2004年作EP。1000枚限定らしい。

薄っぺらいギターでかき鳴らされる単調なサタニック・トレモロ・オールドスクールリフ、
疾走~スローとボコボコ叩かれるドラム・獣の如きデス声が渾然となって
劣悪な音質の下、生々しくゴリ押しするひたすら野蛮で汚らしいプリミティブブラック。

ほとんどどの曲も似たり寄ったりで、曲自体2~3分と短いので特にこれといった印象は無いが、
初期のBeheritなんかが好きなら楽しめるのではないだろうか。

2008/07/10 00:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Frostkrieg-Majestatik Eines Kalten Elements




ドイツ2003年作の1st。
楽曲の録音時期が1999年~2003年と長いせいか、楽曲のほうも
ドイツらしいメロウさを前面に押し出したスタイルのRAWブラックだったり
オールドスクールなブラックスラッシュ調だったり、アトモスフェリックな雰囲気な曲だったりと
統一性がなく、彼らの目指している音楽性がどんなものなのかいまいち把握しにくい。

メロウな曲に関してはドイツらしいコールド&メロウな音で中々かっこいいが、
なんとなく散漫な印象を受けた。

2008/07/09 22:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。