スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Rosenfeld - Pigs of the Empire

画像 042
日本のヴィジュアル系スラッシュメタルバンド 1991年作1stにして唯一の作品。

強力な高音スクリーム、かなり歪んだ音色のGtで奏でられる複雑で攻撃的なリフ、
ユニゾンを基調としつつも動き回るBa、激速スラッシュビートをメインに叩かれる
2バス、オカズの入れ方も絶妙なドラムが一体となり、ひたすら攻撃的に疾走する。

ひたすら凶悪な激烈疾走サウンドながらも、泣きのソロやアコギによる叙情的な展開を絡めるなど
非常に起伏に富んでおり非常に劇的なスラッシュメタルを聴かせてくれる。

美しくもハードなバラード#4「Rest In Peace」からタイトル曲#5への流れは素晴らしい。
特に#5のイントロ部分の絶叫は鳥肌物のかっこよさ。
#6「Leather」やラストを締めくくる叙情的でドラマティックながらも、
暴虐的な#9「Field Of Roses」をはじめ収録されている全ての楽曲が素晴らしい。

とにかくかっこいいので入手は難しいかもしれないが、是非聴いてみてほしい作品。
スラッシュメタル好きやヘッドバンガーは必聴でしょう!!!

ROSENFELD - PIGS OF THE EMPIRE

スポンサーサイト

2008/12/31 19:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Battle Dagorath-Eternal Throne

画像 044
アメリカ 2008年作1st。

ミドル/スロー~疾走と緩急を付けて展開する、寒々しく荒涼とした雰囲気の漂う
正統派ノルウェイジャンブラックスタイルのサウンド。

ジリジリとした音色でかき鳴らされるトレモロリフ・アルペジオの
どことなく陰鬱で寒々しく、うっすらとメロウなメロディーが素敵。
Key等は使用させていないがどことなくアトモスフェリックな感じも。

一曲一曲は割りと長尺だが、ちゃんと起伏があるのでダレずに楽しめた。

Lunar AuroraやMortuus Infradaemoni辺りの荒涼感たっぷりの起伏のある
サウンドが好きなら楽しめるのでは。
ちなみにイントロとアウトロ、マスタリングをVinterriketのChristoph Ziegler氏が担当している。

マイスペ

2008/12/31 19:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Hayras - Sombre Destin

画像 051

フランス 2006年作1st。以前某所で買い物をした際におまけで頂いた一枚。
元Seigneur Volandのメンバーが独りで頑張っている。

路線としては本家のSeigneur Volandに近いスタイルのRAWブラック。
本家よりもメロウさは希薄で、どちらかというと寒々しい感じ。
時々Keyを絡めてアクセントを付けている。

本家と比べると聴き劣りがするがそれなりに高品質。

マイスペ

2008/12/31 19:04 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Black Horizons - A Dream's Funeral

画像 046
ドイツ 2007年作2nd。

バンド名からもわかるようにDissectionフォロアー。

曲展開、メロディ、リフ、Voのスタイルと何から何までDissectionそっくり。
ブックレット内にもジョン・ノトヴェイトに捧げるみたいな事が書いてあり、
Dissectionが大好きで本当に敬愛しているのだろうということはよく分かる。

#2「Dreams」のイントロなどそっくりを通り越してパクリとしか思えない箇所も多数。
しかし、ひたすら本家の模倣に徹しているだけあって楽曲の質は高く、
演奏もかなりしっかりしている。#8「The Tears Of Autumn」をはじめとして
荒涼とした慟哭のメロディーも中々の出来。

品質は非常に高いのだが、パクリが露骨過ぎるのでどうにも好きになれないバンド。
DissectionやSacramentumが好きなら楽しめるのでは。

マイスペ

2008/12/28 21:34 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Fuck...I'm Dead

画像 043
オーストラリアのグラインドコア 2001年作1st。

凄まじい速さで叩かれるマシンガンブラストを軸に結構メロディアスなリフを交え
短い時間の中にもちゃんと展開を設けながら、ひたすらに激走するかなり破壊力のあるサウンド。
ヒステリックな絶叫とグロウルを使い分けるVoのキレっぷりも中々のもの。

マシンだからこそできる極限まで速いブラストビートは聴いていて
圧倒されるものの、ある意味爽快感すら覚えるほど。

とりあえず速いのが好きな人はマストでしょう!

一箇所非常に下品な箇所があるがまぁそれはご愛嬌w


マイスペ

2008/12/28 21:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

The Lurking Corpses - Smells Like The Dead

画像 049

アメリカのホラーパンク/メタルバンド 2008年作3rd。

MISFITS直系のキャッチーでノリのいいホラーパンクな曲から
疾走するスラッシュメタルな曲、アコースティックなしっとりした曲まで
多様なスタイルの楽曲が楽しめる一枚。

メロディー/曲展開は非常にキャッチーで、ノリノリな雰囲気もたっぷりなので
聴いていて楽しい気分になれる。

そんなわけでMISFITSが好きなら楽しめるのでは。
似てはいないけど、MISFITS繋がりでBALZACが好きな方にも。

マイスペ

2008/12/28 21:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

12月27日のココロ日記(BlogPet)

きょうはメタルについてかんがえてみました!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008/12/27 10:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

今年のベスト

とりあえず今年のベストでも。
今年リリースされた作品でよく聴いていたもの。今年リリースのものはあんま買ってないのでベスト3。
1 CATAMENIA-VIII - The Time Unchained
2 Sorgsvart - Vikingtid Og Anarki
3 モノノフ-上月残照

リリースが2008年でないもの こっちはベスト5
1 Empaligon-Black Dominated Annihilation
2 Bloodrain- Bloodrain III: Nomen Nostrum Legio
3 Sekhmet-Okularis Infernum
4 Emperor-Live In Frostland
5 Evil Angel-Unholy Fight For Metal

デスメタルのベスト5
1 Demonic ResurrectionーA Darkness Descends
2 Goatlord- Reflections of the Solstice
3 Dark Faces-The Path
4 Absurdus - No Heaven in Sight
5 Raintime-Flies & Lies

GROZAやGOATWHOREも聴き倒したが、今年購入したものではないので除外。

~~~~~一応今年の総括~~~~~
まぁ色々買いました今年は。
来年はもっとプリミティブ/スラッシュ系を充実させていきたいですね。
最近パンク/ハードコアに興味があるのでそちらの方も勉強していきたいと思います。
これ始める前に買っていた音源の紹介もほぼ終わりつつあるので、来年はもっと
緩やかな更新パターンになるかも。
まぁ自己満足でやってることなので特に需要はないかもしれませんが。

コミケで買うであろう同人音楽CDを紹介するか思案中。

2008/12/23 20:20 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

Empaligon-Black Dominated Annihilation

画像 041
ドイツ 1999年作1stの再発盤。

マシンじゃないかというくらい速い激速ブラスト主体のドラムに
禍々しい空気を撒き散らすコールドで仄かにメロディアスなトレモロリフ、
IMMORTALのABBATHを高くしたような強力なVoが絡み、
これらが渾然となってひたすら爆走する、ブルータルなブラックメタル!

作品全体に充満する邪悪で寒々しいオーラが凄まじくかっこよし。
篭り気味の音質もUGさ、邪悪さを演出するのに一役買っている。

滅茶苦茶かっこいいので是非!!!!!!!

マイスペ

2008/12/20 20:22 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

BLACK ACHEMOTH - Revealing the Somber Powers of Hell

画像 032
ブラジル 2008年作1st。

寒々しくメロディアスなリフと軽めの音で爆走するドラム、生々しいがなり・絶叫を軸に
展開する北欧ブラックの影響下にあるであろう禍々しくも寒々しいブラックメタル。

サウンドは暴虐的なファストブラックだが、轟々と吹き荒れるブリザードリフは
邪悪な雰囲気を醸し出しながらも、時折儚さすら感じられる程メロディアス。

根本にあるのは、メロディアスでコールドな北欧ブラックタイプのサウンドだが
真っ黒な重苦しさや邪悪さ、そして南米らしい荒々しさも包含しており非常にかっこよし。
お薦め!!!

マイスペ

2008/12/20 20:07 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

Electronically Lost

画像 037
おそらくフランスのインダストリアルブラックのデモCD-R。

ミドル主体の単調なマシンドラムに完全にハーシュノイズと化している
耳障りなGt、不穏な空気を醸し出すアトモスフェリックなKey、金属音、がなり/呻くVoが絡む。
Gtはノイジーでダラダラしたリフを奏でるのがほとんどだが、時折スラッシーなリフも。

ひたすらにやかましく/退廃的なムードの漂うサウンド。
悪くはないが特に印象に残りはしなかった。

マイスペ

2008/12/20 19:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

12月20日のココロ日記(BlogPet)

人生は重い偏見を背負って山を登っていくようなもの……ですよね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008/12/20 10:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

黒蜴蝶-遺書剥奪

画像 022
日本のヴィジュアル系へヴィメタルバンドEP。

初期X Japan直系の、メロディアスでパワフルな疾走曲#1「震える拳を突き上げろ」は屈指の名曲。
テクニカルかつメロディアスなGtプレイと中盤の美しいピアノソロが素晴らしい。
#2~#3はメタル的要素を含みつつも根本は正統派ヴィジュアル系ロックだが
メロディが素晴らしいので個人的には全然アリ。

ダークながら叙情的な激烈疾走曲#5「BLACK ARTS ~地獄絵図~」
も素晴らしくかっこよし。ちなみにこの曲はボーナス扱い。

所謂ヴィジュアル系にカテゴライズされているものの、そのサウンドは完全にメタル。
VoもあまりV系臭さは感じないので、初期X Japanが好きだったり、
偏見のない方には是非聴いて欲しい一枚。

本作収録曲ではないが、この曲は素晴らしいと思う。

黒蜴蝶-Night Melody

2008/12/17 23:34 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dark Ambition- Crimson Temptation

画像 039
SAD LEGENDのメンバーが在籍する韓国のメロディックデス 2003年作4曲入りEP。


前半は同郷のOATHEANやNIFLHEIMや日本のSERPENTを髣髴とさせる
所謂イエテボリスタイルをベースに、これでもかと泣きまくる
クッサクサのメロディを大量に導入したメロディックデスメタルで

後半もクリーントーンギターとシンセによるゆったりとした叙情パートと
悲壮感に溢れたトレモロリフ/シンセを軸に爆走するパートの
静と動の対比が素敵なドラマティックで叙情的なサウンド。
ノスタルジックなメロディが素晴らしい。

音質は悪いがメロディはひたすらにクサいので上、記のバンドが好きならお薦め。
個人的にラスト曲「Sea To The Sky」の強烈な泣きにノックアウトされた。

マイスペ

2008/12/17 23:13 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Faerghail - Blood Will Follow Blood

画像 040
以前2ndを紹介したフィンランドのメロデス 2000年作EP。

路線としては2ndと同じミドル~アップテンポ主体のメロディックデス。
透明感のある冷ややかなKeyと正統派へヴィメタル色の強い叙情メロディを
奏でるGtが素敵。

ブルータルなサウンドではないがしっとりとメロディを聴かせるタイプの
メロデスがすきならお薦め。ゴシックメタルファンにもいけるかも。

マイスペ

2008/12/17 22:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Woods of Infinity -F&L

画像 024
スウェーデンの変態ブラックメタル 2004年作1st。

スロー~疾走と緩急を付けて叩かれる激RAWなドラムに
物悲しく切なげなリフ/アコギ/ベース、発狂気味のかなり壊れたVo、
ヴァイオリンやハーモニカが絡む。

彼らのほかの作品は「Ljuset」しか聴いたことがないのだが、作品の核にある
壮絶なまでの悲壮感と壊れた病的な雰囲気は、この頃からすでに確立されている。
基地外じみた雰囲気を醸し出す子供の笑い声などのSEも健在。
悲壮感たっぷりのトレモロリフ+疾走パートは中々のかっこよさ。

どの曲も展開に富んでいてとても楽しむことができた。
曲によって音質が違うのだが(といってもどれもRAWだが)それも面白い。
この破滅的で病的な雰囲気は好悪分かれるかもしれないが、
素晴らしい作品なので是非。

マイスペ

2008/12/14 23:10 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

12月13日のココロ日記(BlogPet)

おなかすきました!はぅぅ~、黒助さんって帰ってくるのおそいですよ~。料理冷めちゃいます。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008/12/13 10:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Catafalque-Unique

画像 030
トルコのゴシックメタル 2005年作1st。

エッジの効いたメランコリックなGtリフを軸に
煌びやかな雰囲気を醸し出す、重厚で美しいKeyを前面に押し出した
適度にヘヴィで流麗なメロディをたっぷりと含んだバッキングに
可憐な女性Voと男性ノーマルVo、デス声が絡む、典型的なフィメールゴシックメタル。

手法としては王道中の王道だが、楽曲はキャッチーにまとめらており
メロディセンスも素晴らしいので非常に高品質な作品に仕上がっている。
正直個性は特に感じられないものの、非常にセンス良く作れられているので
所謂フィメールゴシックメタルが好きならおそらくとても楽しめるのでは。

マイスペ

2008/12/12 21:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

СатанаКозёл(SatanaKozel)-Рогатыя

画像 029
ロシアのフォーキッシュデスメタル 2008年作1st。

勇壮ながら、漢臭い泣きの民謡系クサメロを大量に導入したフォーキッシュデスメタル。
アコーディオンによる陽気で躁なメロディも多数。
しかしバックのメタル部分はデスメタル色が強め。

KORPIKLAANIやFINNTROLLにも通じる、たっぷりの哀愁を含みながらも
賑やかで、躁なムードの強い音楽性だがデスメタルのアグレッションをキープしているのがGood。

ひたすらクサいメロディや雄々しいコーラスなど、この手のスタイルの
ファンが悶絶しそうな要素は一通り揃っているので、フォークメタルファンは聴いてみては。


マイスペ

2008/12/12 00:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nahual - Massive Onslaught from Hell

画像 036
ペルー 2004年作2nd。

不穏で仄かに寒々しいリフと生生しいがなり声を軸に
ビート~ミドル主体でズルズルと展開する。

かなりのポンコツブラックと聴いて購入したのだが、予想よりまとまっていて残念。
ラスト#9「T.S.T.A.S.」は不穏な空気を撒き散らしながら、ミドル~スローでズルズル
と展開するフックの無いサウンドが15分に渡って繰り広げられる。
途中でダークアンビエント風パートも。

マイスペ

2008/12/11 19:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nuit Noire - Lunar Deflagration

画像 035
フランスのへっぽこパンクブラック 2004年作1st。

大分前に購入したのだが、アクの強さに負けて少し聴いただけで仕舞っていた一枚。
今聴いても相変わらずのアクの強さ。

サウンドスタイルはもう有名なので、とくに詳細は書かないが
パンキッシュな要素を多分に含みつつも、フレンチブラックのメランコリックさを
漂わせたキャッチーな楽曲は決して悪くない。

まぁこのやる気の無い脱力Voが全てをブチ壊してくれるw
この情けない普通声の生み出す脱力感がかなり強力で、彼らの特異性に繋がっているわけだが。

アルバム一枚聴き通すとやる気がなくなる一枚。
まぁ面白いけど、個人的にはこれ一枚で十分かなぁ。


マイスペ

マイスペ開いて一発目に聞こえる「I am a Fairy」にまたまた脱力させられた。

2008/12/10 14:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Draugurz&Woodsmarch-Split

画像 031
両者ともブラジルのRAWブラック。 2008年作

Draugurz(#1~4)
ジャリジャリした音色で奏でられる、荒涼感たっぷりのメロウで陰湿なリフと
泣き叫び声を軸に、ミドルテンポで淡々と展開する初期BURZM直系のサウンド。
独自性はほとんど感じられないが、BURZUMが大好きなんだなぁというのはよく分かる。

Woodsmarch(5~8)
BURZUMに少しペイガン調のメロディを絡めたような音楽性。
概要は殆どDraugurzと同じ。

両者ともBURZUM直系の陰鬱かつ、荒涼としたサウンドをかなり忠実に追求しているので
BURZUMが好きなら聴いて損は無いであろう一枚。

Draugurzマイスペ
Woodsmarchマイスペ

2008/12/10 14:22 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Embracing-I Bear The Burden Of Time

画像
スウェーデン 1996年作1st。ドラマーは元Naglfar。

ちょいプログレッシブな展開のあるメロディックデスメタルをやっているのだが、
2本あるのに異常に録音レベルの小さいGtに萎え。

冷ややかなシンセを絡めてアトモスフェリックな空気を演出したり
クリーンな音を交えながら叙情的なメロディを奏でるGtとパーツは悪くないが
どれもいまひとつ耳に残らず残念。
一本調子で迫力の無い喚き散らし系のVoも微妙。

アトモスフェリックな#7「Thirst For Blood」は中々良いと思う。

決して悪くは無いが特に印象には残らない。
新品の値段で買ったら残念な一枚。

2008/12/10 14:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Diabolicum - The Dark Blood Rising

画像 012
スウェーデン 2001年作2nd。Setherial等のメンバーが在籍。

SetherialやDark Funeral辺りの流れを汲んだスウェディッシュブラックに
激速マシーンドラムや未来的なテクノロジーアレンジを施した、
サイバーな雰囲気の漂うメロディアスながらも、凶悪なサウンド。

ノイジーなギターサウンドや随所に挿入されるSE,台詞、美しいながらも切迫した雰囲気のKey
によって醸し出される邪悪で緊張感に溢れる不穏なムードが素敵。

優雅なピアノからノイジーなブラストパートになだれ込むタイトル曲#6が素晴らしい。

2008/12/07 01:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dulcerth - Drakkar Dreams


ベラルーシの独りバイキングメタル 2005年作のデモCD-R。

おっそろしくチープ。なにもかもがチープ。
スロー主体でゆったりと進む物凄くチープな打ち込みドラムに
すぐに打ち込みとわかるこれまたチープなベース
チープに歪んだギターの奏でる、勇壮で物悲しいペイガン調のリフ
メランコリックなクリーントーンギター、ダミ声が絡む。

メロディはそこまで悪くないが、どうもどこかで聴いたことがあるような気が無きにしもあらず。
全てがチープすぎて聴く気を削がれる。
とりあえずこのチープ過ぎるMIDIサウンドをどうにかしてくれ。

2008/12/07 01:29 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Inactive Messiah - Be My Drug

画像 018
ギリシャのオーケストラゴシック/デス 2006年作2nd。

ミドルテンポ主体で展開する、ちょいモダンへヴィ的なところもある
ノリのいいダークなへヴィメタルに、盛大なオーケストレーションと混声合唱が絡む。

本物を使用しているだけあって、オーケストレーションと混声合唱の迫力と
これらの作り出す壮麗かつ荘厳で、力強い世界観には圧倒される。
しかしオケを抜いたバックのサウンドが一本調子な感も否めない。
一曲一曲を取り出せばかなりクオリティは高いのだが・・・。

#6ではなんとマイケルジャクソンの「Beat it」をカバーしているが
クワイヤをふんだんに取り入れ、シンフォニックに仕上げてあり中々面白い。
#4「Be My Drug」にはCharonのJP Leppaluoto(Vo)が
#6のギターソロはNightwishのEmppu Vuorinenがゲストで参加している。

もう少し楽曲に多様性が出てくればさらに良いバンドになれると思う。
今後に期待大です。

マイスペ

2008/12/07 01:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Emperor-Live In Frostland

画像 017

誰もが知ってるノルウェーのベテランバンドのブート。1997年作?
2nd発表時のラインナップでのライブを収録。

ブートなので音質等は期待しておらず、雰囲気ものだろうと思っていたが
中々に音質は良好。(あくまでブラックメタル的に見て。普通だったら劣悪)
Ihsahnの邪悪極まりない絶叫を始め、ライブならではのRAWな雰囲気のある
楽曲郡はかなりのかっこよさ。
演奏もかなりタイトで各パートをしっかりと聴き取れる。

ちなみにセットリスト
1 The Loss and Curse of Reverence
2 Ye Entrancemperium
3 Thus Spake the Nightspirit
4 I'm the Black Wizards
5 With Strenght I Burn
6 Night of the Graveless Soul / Ensorcelled by Khaos
7 The Majesty of the Nightsky
8 A Fine Day to Die(BATHORY)
9 Inno a Satana
選曲もほぼこの時点でのベストと言っていいのではないだろうか。
全体的に観客はかなり盛り上がっているのだが、#4時における狂乱っぷりが素敵。

ボーナスとして「Witches Sabbath」 「Ancient Queen」「The Usurper」を収録。
最初2曲は「Scattered Ashes: A Decade Of Emperial Wrath」で聴くことが出来るが、
Hellhammerのカバー曲「The Usurper」は92年のリハトラックなので中々貴重なのでは。
原曲にかなり忠実というか完コピしている。音質もそれなりに良好。

「Emperial Live Ceremony」も素晴らしいライブアルバムだったが、
初期の凶悪なライブサウンドを聴くことの出来る本作も素晴らしいライブアルバムだと思う。
そんなわけでEmperorファンなら゛買い"でしょう!

2008/12/07 00:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

12月06日のココロ日記(BlogPet)

学校で先生に怒られてしまいました……今日は聴くしかないです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2008/12/06 10:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

妖精帝國-GOTHIC LOLITA PROPAGANDA

画像 007
日本のゴス系ユニット 2007年作のベスト Voは声優の伊月ゆいさん・・・・ではないらしい。
なんとなくジャケに惹かれたので購入したがこれは良い。

トランス系リズムはアップテンポで疾走感があるし、クワイヤやチェンバロを取り入れた
ひたすらにクサいシンフォニックなKeyやメタリックなギターパートはかなり自分好み。
メロスピが好きな方にも受け入れられるのでは。

まぁこのアニメ声というかロリ声?Voは好悪分かれるのだろうが、
自分はこの手の声に抵抗は無いので楽しめた。(まぁ弱いなぁとは思うが)。

#2「Last Moment」#3「Valkyrja」#4「Noble Roar」の流れは個人的に結構気に入っている。
ハードな#10「鮮血の誓い」も良い。
他の作品も集める価値は十分あると思うが、シングルばっかじゃねぇか。
ちなみに本作収録曲の殆どはアニメの曲のようだが、何のアニメかは知らん。

実際のところかなり気に入ってますこれ。

オフィ

鮮血の誓い

2008/12/01 23:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Edge of Spirit-影と光

画像 015
日本のニュースクールハードコア 2001年作2nd?
外タレの前座を結構やっているようだ。

悲痛に絶叫する日本語Voはハードコア的と言えるかもしれないが、
バックのサウンドは叙情的な哀メロをたっぷり含んで疾走する
イエテボリスタイルのメロディックデスメタル。
ブラストビートに叙情的なトレモロリフを絡めるブラックメタル風パートもあり。

演奏は非常にしっかりしており、哀愁たっぷりのエモーショナルなメロディの持つ
扇情力は非常に高く、かなり悶絶できる。仄かに優しげな雰囲気が漂っているところも良い。

そんなわけで叙情デスやメタルコア的なサウンドが好みなら、
聴いて損をすることは決してないと思う。
ブックレットにはクレジットされていない隠しトラック#8が、
まさに血の涙を流しながら疾走するといった感じの強烈な慟哭を聴かせてくれる。


マイスペ

2008/12/01 23:36 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。