スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

02月28日のココロ日記(BlogPet)

黒助さんと、なんとなく心が通じたかも……そんな気がしました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

スポンサーサイト

2009/02/28 10:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

02月21日のココロ日記(BlogPet)

最近、黒助さんは最高のことが気になってしょうがないみたいですね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/02/21 11:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

02月14日のココロ日記(BlogPet)

黒助…たまには呼び捨てにしてみたいです

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/02/14 11:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Cheap Trick-at武道館

画像 002

オーケンの「猫のリンナ」を聴いたときから気になっていたが、なんか手を出せていなかったバンド。
出世作にして代表作の一枚らしいですね。
78年4月の大阪厚生年金会館と日本武道館での録音らしい。

メロディアスでポップで、でもライブ盤ならではの勢いと荒さもある。
こりゃあ滅茶苦茶かっこいいですね。
#7「甘い罠」はオーケンが猫の詞を乗せてたりしましたが、原曲も素晴らしい。
まぁ詞を変えただけで歌メロとかは原曲に忠実なんで、あんま変わってないかもですがw

あと観客(女子)の歓声がすげぇです。

2009/02/13 23:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Helwulf - Wolves of War and Blood

画像 065

フィンランドの独りブラック 2005年作1st。

オーストラリアのHordeとかを髣髴とさせる、典型的オールドスクールノルウェイジャンブラック。
Darkthroneの3rd辺りをお手本にしているんだろうなぁという感じ。

悪かないけどどうも凄みに欠ける。もっとRAWな音作りだったらもう少し楽しめたかも。

2009/02/13 23:12 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Raventale-На Хрустальных Качелях

画像 060

ウクライナの独りゴシックドゥームメタル 2006年作1st。

ミドル~スロー主体のゆったりとしたリズムに若干ペイガンっぽさも
感じられるメランコリックなリフ、神秘的で荘厳な感じのKey、がなり声が絡んで
壮大に展開するゆったりとしたサウンド。

淡々としていながらも、丁寧に作りこまれた繊細な楽曲群に癒されます。
アグレッシブさとかは感じられないけれどメロディが素晴らしいので飽きが来ない。
ブラックメタルとして扱われているようだけど、自分はゴシックドゥームだと思う。
まぁBURZUM辺りを彷彿とさせるところもちらちらありますが。


マイスペ

2009/02/13 23:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

BUCK-TICK-悪の華

画像 086

日本 1990年作

筋肉少女帯「ステーシーの美術」と並んで自分の人生を変えた一枚。
今まで聴いた中でBUCK-TICKを超えるV系バンドはいませんね。
ほんと最高です。なんでここまで耽美的でしかもソリッドなのか。
「悪の華」、「National Media Boys」といった有名な曲も勿論素晴らしいが、
個人的に「Dizzy Moon」が大好き。あぁもう本当にかっこいい。

今から20年前の時点でこのPVは本当に凄いと思う。


2009/02/07 23:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

RAPES-RESTRICTION

画像 087

大阪のハードコアメタルバンド 97年作のMCDのリマスタ-再発。
色々とぶっそうな逸話が残っているらしい。

サウンド的にはハードコア+スラッシュメタルといった感じ。
フレットレスベースを使っているようでグネグネよく動き回るBaがかっこいい。
ドスの効いた声でがなり倒すVoもかっこよし。
疾走感バリバリで聴いていると頭振りたくなります。

後半2曲はゆったりとした叙情的な曲で、ダーティに疾走する前半と比べると
ちょっとかったるいかなぁという印象。

個人的には「メタルコア」って聞くとやっぱこんな感じの音を連想しますね。
特に詳しくないのでなんとも言えないけど、最近のメロデス崩れみたいなのは
あんま好きじゃないです。

2009/02/07 22:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Legion of the Damned - Cult of the Dead

画像 082

オランダのデスラッシュ 2008年作4th。

改名前のOccultは1999年の3rd「Of Flesh and Blood」だけ聴いたことがあって
Rachel嬢の極悪デスボイスに驚いたりしたものだ。
楽曲の方もブラックメタル的な暗さを兼ね備えたスラッシュメタルで、
中々かっこよかったと記憶している。

Legion of the Damned名義になってから聴くのはこのアルバムが初めて。
ひたすらブルータルに疾走する邪悪で禍々しいデスラッシュでベテランだけあって
演奏力も高く、非常に高品質な作品に仕上がっている。
イーヴルで切れ味の鋭いリフは聴いているとヘドバンを誘発される。

一曲一曲を取り出すと滅茶苦茶かっこいいのだが、ほとんどの楽曲の構成が似ていて
ファスト→ミドル→ファストと若干一本調子な感も否めないが、特に問題無し。
全てにおいて格段にレベルアップしているが、根本はOccultと変わってない気がする。
タイトルトラック#6を含め邪悪で荘厳な雰囲気を演出するSEもGoodですね。

1st「Malevolent Rapture」全曲のライブ版が日本版ボーナス。
演奏については問題ないし、音質も良いので中々迫力のあるライブ音源になっている。
海外の方では異常に人気があるようだし、是非日本でもライブをやって欲しいですねぇ。

マイスペ

2009/02/07 22:20 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Random Eyes - Invisible

画像 088

フィンランドのメロパワ 2008年作2nd。

5年前に出ていた1st(未聴)では男女ツインVo体制でゴシックメタルをやっていたらしいが、
今作では女性Voが抜けて男性Voのみになり、それに従って方向性も変わったのか
北欧らしくキャッチーで、メランコリックなメロディを前面に押し出た疾走曲メインの
パワーメタル路線にシフトしている。
おそらく前作の流れを汲んでいるのだろうけど、ゴシックメタル的な曲もある。

Christian Palinが力強く伸びやかなハイトーンで歌い上げる歌メロも中々魅力的。
所々でクラウス・マイネに似ているような気がしたり。

派手ではないものの、印象的なKeyワークを聴かせてくれるのはSONATA ARCTICAを
始め様々なバンドに参加しているMikko Härkin。

どの曲も気に入っているが#6「For Your Love」~#7「Take Me Away」の流れが素晴らしい。

メロパワ系のバンドのCDを買ったのは相当久しぶりだが、とても楽しめた。
お薦め!!!

2009/02/07 21:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Jurassic Jade-誰かが殺した日々(NEVER FORGET THOSE DAYS) 

画像 090

日本のベテランスラッシュメタルバンド 1991年作3rd。

以前から気になっていたのだが、中々手を出せずにいたバンドなのだが
これはかっこいい!!!!SLAYERを更に暗く、禍々しくしたようなバックのサウンドに
HIZUMIさんの壮絶な咆哮とひたすら暗い歌詞が絡み、そこから生まれてくる
強烈な重苦しさとネガティブなパワーが凄まじい。

ずっと鳥肌が立ちっぱなしだった。いやーほんとにこれは凄い。
最高です。。

マイスペ

2009/02/07 21:28 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Goetia- Wolfthorn

画像 079

ポーランド 1999年作EPのテープ版。

ノイジーながらも寒々しく叙情的なトレモロリフと憎悪に満ちたがなり声を軸に
アグレッシブに疾走するパワフルな北欧系ブラックメタル。

路線としては王道だが、楽曲がよく出来ているので中々楽しめた。
メタルアーカイブスで調べたところ、結構聞く名前のバンドに携わっている人々によるバンドのようだ。

2009/02/07 21:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

02月07日のココロ日記(BlogPet)

いつか、癒す囁きがほしいです。ココロの夢です。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/02/07 11:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Luci Tristis - 7th Moon



フランス 2009年作自主制作EP。

サウンド的にはメランコリックなトレモロリフを主体に疾走する、
オーソドックスなフレンチブラックだが、クサメロが炸裂する
#2「Fado de Jouvence」を筆頭に、強力なメランコリーを漂わせている。
楽曲群は目新しさは無いものの、中々よく出来ており
シンセやアルペジオを絡めるなど小技も効いておりGood。

特に#2「Fado de Jouvence」のクサさは壮絶。悶えられます。
全曲バンド側が無料で配信しているので#2だけでも聴いてみて欲しい。

マイスペ

2009/02/06 00:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Black Mass Pervertor - Church of Apocalyptic Hyperbole



フィンランド 2008年作デモ。

2ビート~ブラストを主体にスタスタ突っ走るDrに
ハードコア調のリフをかき鳴らすGt、歪んだBa、獰猛にがなるVoが絡む。

Voこそデス声だが、曲の方はほとんどハードコア。
ブラックメタル的な叙情性や寒々しさはほぼ感じられないものの、
軽快に突っ走る楽曲群は素晴らしくかっこよし。
#2「Itsesääli」みたいに少しCELTIC FROSTっぽいところがあるのもGood。

かなりかっこいいパンキッシュブラックメタル。


マイスペ

2009/02/02 00:32 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

CORPOPARASSITA - Bambinocheride

画像 073

イタリアのダークアンビエント

ひたすらに邪悪で重苦しいダークアンビエントサウンドにハーシュノイズや
囁き、不明瞭な旋律を仄かに絡め展開する聴き手の恐怖や
不安を煽るような、不気味で退廃的なサウンド。
オブスキュアな音像がさらに不気味さを増幅させており素敵。
聴いていると恐怖感を覚える。
「不安の種」とか読みながら読むとさらに怖い。
ジャケも素晴らしい。

マイスペ

2009/02/02 00:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

MASCHERA-BEST

画像 078

日本のV系バンドのベスト盤。

メロディアスでソリッドな正統派V系ロック。
デジタル色の強い楽曲も多い。
MICHIの艶のある歌声も素晴らしいが、TAKUYAのメロディアスなGtプレイも素晴らしいと思う。
最近はこんな感じのバンドっていないのかなぁ。

俺はこの曲を聴いて瞬殺されました。
MASCHERA - ékou

2009/02/02 00:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。