スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Argile - The Monotonous Moment of a Monologue

画像 120

2002年 1st

Misanthropeのメンバーのサイドプロジェクト

疾走パートもあるが、基本はミドル~スロー主体のダークでゴシック的要素も強いデスメタル。
叙情的なメロディがふんだんに織り込まれているのと、
楽曲の構築が上手いので、聴いていて全く飽きが来ない。
多彩な声を使い分けるS.A.SのVoもかっこよし。

超おすすめです。

スポンサーサイト

2009/05/31 22:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Armaggedon - Possessed by Satan

画像 076

フランス 2004年作EP。

ちょこちょこかっこいい所はあるが、つまらん。

2005年作の3rd「Ave Satan」は滅茶苦茶かっこいいのでそっちはおすすめ。

2009/05/31 21:39 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Eclipse The Act Of Degradation

画像 133

ポーランド 2002年作1st。

2000年作のEP「Dorsacharm's Venomous Colours 」で聴けたのと同様の
派手派手なオーケストレーションと勇壮でクサいGtを軸に爆走する
激烈シンフォニックブラック。
速くてクサくて大仰なシンフォブラックが聴きたいなら是非。

でも全13曲はちょっと多過ぎるかなぁとも思う。
どの曲もクオリティは高いが、突出した曲はあまり無いし。
Gtに関しては前EPの方が印象的なメロをビシビシ決めてくれてたかなぁ。
「Shadowland (Battle For The Throne)」は素晴らしかった・・・・。

まぁでも出来は非常に良いのでおすすめです。
どうやら新譜を作ったみたいだけど、マイスペで視聴する分にはかなりかっこいいじゃないですか。
早くレーベルを見つけてリリースできるといいですね。

マイスペ

2009/05/30 23:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Ancalagon - First Age : Entering Legenda

画像 125

フランス 2001年作

フランスらしい、メロウで荒涼としたトレモロリフ主体のプリブラ。
疾走パート中心ながらも巧みに緩急が付いていて、楽曲展開が非常にドラマチック。
ペイガンメタルに分類されており、アコギや勇壮なメロを導入したりしていて
非常にメロディアスだが、あくまでブラックメタルの陰鬱さ、禍々しさを前面に押し出したサウンド。
どの楽曲もそこそこ長尺だが、センス良くまとめてあり聴いていて飽きが来ない。

最後の曲#7「The Reason Why」で炸裂する悲壮感はかなり強烈。
これは名曲。悶絶。

バンドは本作を出したっきり活動はしておらず、現在他のバンドで
活動しているメンバーもいない模様。
非常に高品質な作品を作り出したバンドなので惜しい。
素晴らしいアルバムですよこれは!

2009/05/30 23:34 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

SORROW-Under The Yew Possesed

画像 138

イギリス?1993年作?何枚目かは不明。

アコギ、笛、シンセが優しく美しいメロディを奏で、そこにふわふわとした美しい
ソプラノVoが絡んでゆったりと展開していく癒し系フォーク。

メタルどころかロックですら無いが、メロディーが非常にキャッチーなので
疲れたときに聴くと癒されます。
普通に売れそうな感じのポップなサウンド。
なんとなく所々で松任谷由美を彷彿したりも。

ジャケと曲名を見て、フォーキッシュなゴシックメタル/ペイガンメタルだと思って
買ったが全く違う音だった。
まぁでもこれはこれで素晴らしい作品だと思います。

2009/05/30 23:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Kenos- Intersection

画像 137

イタリア 2004年作

疾走からミドル~スローまでめぐるましく展開する、プログレッシブなデスメタル。
途中で打ち込みが入ってきたりエレクトロニカ風のパートがあったりと、中々変態的なサウンド。
Gtが手数の多い変態的なリフから叙情的なリフまでバラエティ豊かでGood。
展開はかなり多いが、無理な感じはしないので楽しめる。
VoはCoFのダニに影響を受けてそうな感じ。

アルバム後半からは泣きのメロディが前に出てくるようになり、
アコギやシンセを絡めたドラマチックで叙情的なサウンドに。
フュージョン風?のお洒落なパートが入ってきたりもして面白い。

楽曲はそこそこ長尺だが、どれも完成度は非常に高いのでおすすめ!!!!
あとジャケが綺麗で良いですね。

マイスペ

2009/05/30 22:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Celebrant- Spawn of Chaos

画像 143

ベルギー 2007年作2nd。

禍々しいリフ、獰猛なグロウル、手数の多い檄速ドラムが一体となって
渾然と疾走する邪悪で暴虐的なサタニックデスデスメタル。
節々で挿入されるブラックメタル風の暗く荘厳なメロディーがいいアクセントになっている。
テクニカルかつ突進力のあるサウンドでかっこいいです。おすすめ!!

マイスペ

2009/05/30 22:43 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

05月29日のココロ日記(BlogPet)

ブログ妖精の一割は個人なんだそうですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/05/29 10:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Fairytale Abuse - Perversions of Angel VI

画像 140

デンマーク 2008年作2nd。

Dimmu BorgirとCradle of Firthを足して二で割ったような良いとこ取りな
感じのシンフォブラックで、独自性とかは見当たらないがそのコンパクトながら
ドラマチックに展開する耽美的な楽曲は中々よくできている。

まーでも全11曲はちょっとダレますね。
Ninnghizhiddaとかが好きならおすすめ。

マイスペ

2009/05/22 22:48 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ROUAGE-BIBLE

画像 139

名古屋のV系バンド 1996年作メジャー1st。

暗くメランコリックで繊細なサウンド。
丁寧に一曲一曲作りこまれてる感じが伝わってくる。
どの曲も叙情的で素晴らしい。
初期BUCK-TICKを意識してる感じがするが、どうなんだろうか。
Original Sin、Queen、Jesus phobia、Promiseがお気に入り。

このバンドの作品は「Children」しか聴いたことがないが、個人的にはこっちのが好き。
(ever[blue]は別ね。)
超名盤だと思う。おすすめ。

2009/05/22 21:17 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dispatched - Terrorizer

画像 119

スウェーデンのメロデス 2004年作4thにして最終作。未発表曲の寄せ集めらしい。

北欧らしい寒々しく透明感のあるKeyを絡め、クサメロを撒き散らしながら
ストレートに疾走する楽曲主体で音質は悪いものの、聴いていて中々爽快感がある。
歯切れの良い吐き捨て系Voもかっこよし。

音質が悪いのが残念だが、曲はかなりかっこいいのでメロデス好きなら聴いて損は無いのでは。
シンプルな構成ながらもセンス良くまとめてあり秀逸な作品だと思う。

マイスペ

2009/05/22 21:09 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dark Reality- Blossom Of Mourning

画像 134

ドイツ 1997年作2nd

アコギとリコーダーによる、フォーキッシュでちょいクラシカルなメロディを取り入れたメロデス。
デスといっても楽曲はミドル主体だし、Voは漢臭くがなる感じなのでどちらかというと
フォーク要素の強い素朴で牧歌的なゴシックメタル、と言えるかもしれない。

音が薄いのが少し残念だが、哀愁漂うメロディーが中々素晴らしい。

2009/05/22 21:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

05月22日のココロ日記(BlogPet)

黒助さん、今日のラッキーアイテムは血ですよ!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/05/22 10:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Fleshgod Apocalypse - Oracles

画像 127

イタリアのブルデス 2009年作1st

手数の多い禍々しいリフと同じく手数の多いブラストを軸に激烈疾駆する、DEICIDE
辺りを彷彿とさせるブルデス。
このバンドの特徴としては楽曲内に壮麗なピアノ/オーケストラパートを設けたり、
女性Voを所々で導入することによって耽美的/ゴシカルな雰囲気を作っているところだろう。

ひたすら暴虐的な中にクラシカルなリフ、ソロをふんだんに取り入れて
凶悪ながらも、美しいサウンドを聴かせてくれる。
聴きながら悶絶しまくった。

DEICIDEの「The Stench of Redemption 」をさらにクラシカルにした感じだろうか。
そんなわけで、「The Stench of Redemption 」に悶絶した人やVital Remainsが好きな人は
聴いて損はしないと思う。 次回作にも期待してます。 おすすめ!!

マイスペ

2009/05/17 12:04 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

05月15日のココロ日記(BlogPet)

黒助さんのパソコンから、強い音がします。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/05/15 11:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Holy Martyr - Hellenic Warrior Spirit

画像 123

イタリア 2008年作2nd。

血湧き肉踊るようなイントロから始まる本編は、
勇壮で哀愁漂うリフを主体にミドル~スローテンポで展開するどっしりとしたバッキングに、
勇壮な歌メロを力強い歌声で朗々と歌い上げるVoが絡む、ひたすら勇壮なエピック・パワーメタル。

全曲ほぼミドル~スローテンポで疾走パートは無いに等しいが、
ドラマチックに展開するしっかり練られた楽曲はメロディの良さもあり、聴いていて飽きが来ない。
所々でヴァイキングメタルっぽいパートやメロディ遣いが聴かれるところもGood。

漢の哀愁漂う#9「Defenders In The Name Of Hellas」終盤で少し聴ける
疾走パートが非常にかっこいいだけに、疾走曲も聴いてみたいなぁとも思う。

マイスペ

2009/05/14 23:05 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Amduscias- Amduscias

画像 128

日本 1998年作EP。

叙情的で悲壮感溢れるリフを主体に疾走する、ノルウェイジャンスタイルのメロディックブラック。
アルバム前編通して中々印象的なメロディーが奏でられており素敵。
メロブラ好きなら聴いてみて損はないかも。

2009/05/14 22:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Steadlür-Steadlür

画像 129

アメリカ 2009年作1st。

新宿UIONで流れていたのを聴いて即購入した。

シンプルでエッジのきいたノリノリなHR。
キャッチーな歌メロや哀メロが素晴らしい。

この手のバンドはあまり知らないのでなんともいえないが、SKID ROWあたりが浮かんだ。
是非ライブが見てみたい。絶対盛り上がるでしょうこれは。

今後に超期待。2009年のベスト入りですねこりゃ。
PVになった#2も素晴らしいが、#1「Poison」の方が個人的に気に入っている。
めっちゃくちゃかっこいいですよもう!

マイスペ

2009/05/14 22:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

V/A-Scream Of The Eastern Lands

画像 131

2003年作 東欧のブラックメタルバンドコンピレーション

Besatt(1~2) ポーランド
寒々しくメロウなトレモロリフを主体に、緩急を付けて展開するストレートなブラックメタル。
ベテランらしく演奏、楽曲共に堅実。時折強烈な悲壮感を漂わせるメロディーが素敵。

Dub Buk(3~4) ウクライナ
今まで名前だけ知ってて聴いたことはなかったのだが、いやあああこれはかっこいい。
物悲しくも勇壮でドラマチックなシンフォニック/ペイガンブラック。
多彩なサウンドを聴かせてくれるKeyが特に素晴らしい。
勿論Gtも印象的なメロディをバシバシ奏でておりGood。
「Dead Rose」のクオリティの高さは異常。

Inferno(5~6) チェコ
MoonBlood、Celestiaとのスプリットの曲を収録。
メロウながらも勇壮な感じのメロを掻き鳴らすリフを主体に、
不穏でミステリアスなKeyをうっすらと被せてドカドカ突進するサウンド。
チェコ語?でがなり倒すVoの独特な語感がかっこいい。

Immortal Hammer(7~8) スロバキア
ジリジリと不鮮明な音色で掻き鳴らされる不穏で寒々しく、仄かにメロウなリフを主体に
緩急を巧みにつけて展開する、RAWながらもしっかりと作り込まれたサウンド。
所々で民族的なメロディを取り入れていたりもする。

Negura Bunget (9~10) ルーマニア
疾走する寒々しい正統派ノルウェイジャンスタイルの楽曲に
荘厳な雰囲気をかもし出すアトモスフェリックなKeyを絡め、プログレッシブに展開する
独特なサウンド。

Verdeleth(11~12) ハンガリー
不穏で陰鬱でフックのないノイジーなRAWブラック。

どのバンドもハイクオリティかつ、北欧等のバンドにはない独特の
雰囲気を持ったバンドばかりで非常に楽しめた。

2009/05/09 22:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Julie Laughs Nomore - From The Mist Of The Ruins

画像 118

スウェーデンのメロデス 2001年作2nd。

正統派パワーメタルの影響を強く感じられる、スウェディッシュスタイルのメロデス。
グロウル・喚き散らすデス声からハイトーン、だみ声まで器用に使い分けるVoが特徴的。
基本はデス声で咆哮し、サビでキャッチーな歌メロをハイトーンで力強く歌い上げる感じ。

ブラストビートを取り入れているものの、楽曲は正統派パワーメタル要素のほうが強いかもしれない。
正直、デスパートよりも普通声パートの方が魅力的。
曲のメロディはどれも叙情的かつキャッチーでGood。
爆走曲#2「Children of the Empty Cross」が気に入った。

マイスペ

2009/05/08 15:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

NOIA - Pure Scorn

画像 122

イタリア 2007年作1st。

ハードコア/パンク要素の強いオールドスクールブラックスラッシュ」。
寒々しく仄かにメロウなトレモロを絡めるなど、北欧ブラック的手法も取り入れている。
RAWな音質の元禍々しくもキャッチーに疾走するアグレッシブなサウンド。

冒頭が「In The Shadow of the Horns」を髣髴とさせる#3等DARKTHRONEっぽさも。
パンキッシュなブラックメタルやDARKTHRONEが好きならおすすめ。

マイスペ

2009/05/08 15:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

V/A -Rise Of The Easterm Blood

画像 117

アジアのメタルバンド四組を収録。

Demonic Resurrection(1~5) インド
2007年作のEP「Beyond the Darkness 」を収録。
以前紹介した2ndと同路線の、シンフォニックでキラキラしたKeyを絡め
ドラマチックに展開する、メロディックながらも激しいデスメタル。

ブックレット内の写真や、歌詞を見ると宇宙をテーマにしているようだ。
スペーシーでコズミックな雰囲気もただようKeyワークも相まってNocturnusを彷彿とさせるところも。
相変わらず素晴らしくかっこいいのでおすすめ。

Severe Dementia(6~10) バングラディッシュ
2007年作のEP「Epitaph of Plassey 」を収録。
手数の多いリフとドラムを軸に疾走するブルータルデスメタル。
音質がしょぼいのが残念だが、楽曲はよくできているし、演奏も堅実。
中々突進力のあるサウンドでかっこよし。

Dusk(11~14) パキスタン
2006年作のEP「Dead Heart Dawning 」を収録。
オールドスクールなデスメタルを軸に、アンビエント風のシンセ、
不穏な空気をかもし出すストリングス、中近東風のメロディ、ヴァイオリンを絡めた
中々独特で変態的なサウンド。

Helmskey(15~16) シンガポール
至極全うなイエテボリスタイルのメロデス。
演奏は少し不安定で、楽曲も荒削りだが楽曲の叙情メロディは中々。
初期In Flamesとかが大好きなんだろうなぁと思わせてくれる。

Demonic Resurrection目当てで購入したが、他のバンドも皆中々ハイクオリティで楽しめた。

2009/05/08 15:28 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

05月08日のココロ日記(BlogPet)

カナダや、ああシンフォニックやバンドや。詠み人知らず。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/05/08 11:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

05月01日のココロ日記(BlogPet)

きょうは仕事についてかんがえてみました!!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/05/01 11:28 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。