スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

微笑ましい



Voの持ってる剣のペラペラさ、終盤鍵盤で頭を殴りまくるKeyとそれを見て若干引いてるGt、
空き缶と戦い始めるGt、こういう愛すべき馬鹿って良いですね。羨ましいよ。
他にも色々なバンドの当て振りをやっているが、どれも最高にしょうもない。

スポンサーサイト

2009/11/29 21:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

11月27日のココロ日記(BlogPet)

今日見たTVに感じが出てきました!嬉しいです。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/11/27 10:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Sokyra Peruna - The Best of 1997-2001

画像 241

ウクライナ 2009年作

タイトル通り1997-2001までのベスト盤。
レコーディングは'98 (1-7), '99 (8-10), '01 (11-13)にされたらしい。

サウンドは3rdとあまり変わらないが、メタル色は薄めでオーソドックスなパンクロック。
全体的に荒削りな感は否めないものの、キャッチーな楽曲展開とメロディーは魅力的。
#7「Perun`s Axe (Version`98)は叙情的で中々いい感じ。

98年以降の楽曲は激しいながらも、哀メロが全体に散りばめられていて非常に好み。
サビのGtメロが秀逸な#11「Sviatoslav」、
スラッシーに疾走する#12「Glory to Skinheads of Great Russ!」(スラバ!スラバ!)が気に入った。

2009/11/25 23:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Sokyra Peruna - For All We Have and Are

画像 240

ウクライナ 2003年作3rd

勇壮かつメロウで、ヴァイキングな雰囲気も持つメロディーと
愛国心を鼓舞する歌詞を力強く歌い上げる漢臭いVoがかっこいいRAC/Oi。

この手のバンドの中でも演奏や楽曲がメタリックなので、
ハードコア/パンクにあまり馴染みがないメタラーでも楽しめるのではないか。

キャッチーでソリッドな楽曲とこれでもかと勇壮なメロディーに悶絶。
#3「Perun’s Army」、#5「We Are With You, Brother」、#6「For All We Have and Are」、
#7「Under the Flag of Victory」、#10「Nordic Winter」、#14「Funeral Repast」は名曲。

思想的には過激だが、熱く激しいサウンド。
日本のバンドで言うと壬生狼辺りが近い気がする。

マイスペ

2009/11/25 23:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Neftaraka - Raw Ist Law

画像 246

マレーシア 2009年作EP

ジャケが質の悪いUMAの目撃写真みたいで笑える。

ノイジーながらも寒々しくメロディアスなトレモロリフ、シャンシャン喧しいドラム、
エコーの効いた囁くような喚き声が地下臭を漂わせる、まさにタイトル通りの
RAWな南米地下ブラック。

マイスペ

2009/11/24 23:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Meridian Pain - Whiplash for Satanic Lust

画像 253

日本 2006年作2ndデモ。2005年年末の小岩でのライブから3曲収録

1stと同様のがむしゃらにひたすら突っ走る暴虐的なサウンド。
元からある荒々しさがライブ音源ということでさらに増しており、素敵。

2009/11/24 22:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Imperial Tyrants - Tyrannikal Inquisitions

画像 252

シンガポール Balberithの元メンバーなどによるバンド 2007年作1stデモ

寒々しくメロウなノルウェイジャンブラックながらも、演奏のパワフルさと音質のRAWさも
相まって北欧ブラックの寒々しさと、南米らしい暑苦しさを内包した格好いいサウンド。
獰猛ながなり声と泣き叫ぶような絶叫を使い分けるVoも達者。
中々いい感じの出来。おすすめ。

#5「Thornspawn Chalice」はIsengardのカバー。
本編の音となんら違和感なし。

2009/11/24 22:43 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

11月20日のココロ日記(BlogPet)

黒助さん×山ピー&北川景子 手つなぎデート!

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/11/20 08:20 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

これはかっこいい



流石五十嵐充さんや。
90年代J-POPっぽくて素晴しい。
何気にギター結構弾いてるところもいいね。

入手方法が配信しかないってのは頂けないが。

2009/11/19 21:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

MasterplanにJORN LANDE復帰だそうな

JORN LANDE出戻りですか。
JORN LANDEの暑苦しくてねちっこい歌声も好きだけど、
Mike Dimeoの伸びやかなハイトーンも好きなのでなんとも言いがたいですが。

まぁとりあえずLAST AUTUMN'S DREAMが一緒に来てた
Mike Dimeo在籍時のライブは見に行っておいて良かったですねぇ。
故Marcel Jacobのトリッキーなベースソロがかっこよかった。

Masterplan

2009/11/12 22:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Kaliban - The Tempest of Thoughts

画像 242

フィンランド 2002年作1st これが最初で最後。

女性Vo、煌びやかなKeyを絡めひたすら泣きまくる極上のメロデス。
これでもかと繰り出される民謡風味も漂う叙情メロディが胸を打つ。
演奏も堅実で、楽曲もドラマティック。
メロデス好きはとりあず黙って聴いておけと言いたい。
女性Voを取り入れた#6「The Crimson Ark」の泣きは壮絶。

2009/11/12 22:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

11月12日のココロ日記(BlogPet)

物をなくしたら、懐印象嫌いととなえると見つかるみたいですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/11/12 10:31 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Crypthowl - Tragedies Beheld By The Cemetery

画像 230

ロシア 2000年作1st

美しく荘厳で、時に怪しげなKeyとノイジーに歪みまくったGtと劣悪な音質、
喚き声とグロウルを使い分けるVoが織り成す美と醜の対比が素敵なシンフォニックブラック。

音質や雰囲気モノの楽曲を含めて全体的にはあくまでマニア向けだが
Keyの奏でるクサいメロディが素晴しく、アルバム終盤の
#6「A Dismal Nocturne (Haunting the Family Vault)」~#8「Axe, Gore and Thy Awful Charms」の
ドラマチックな楽曲の流れは中々クオリティ高し。

どっかのレーベルがCD再発とかしてくれたら嬉しいけど、まぁ無いだろうな。

2009/11/09 01:13 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

WOLF CELL SOLID - You Betta Axe Somebody

画像 250

おそらくスイスのHIP HOP

ヴィーガンSxE(菜食主義者で酒タバコをやらない、快楽目的のみのセックスをしない)という
思想を持つユニットだそう。 かなり禁欲的な方々のようです。あと非暴力もだっけ?
確かCalibanとかMaroonが標榜していたような。

ブックレット内の文を読んでみたけどなんのことやら。

サウンドはどこか不穏な雰囲気を出しながらもメロウでかっこよし。
声も太い声で煽りまくってて痺れます。

HIP HOPはまったく詳しくないので、大した感想は書けないがかっこいい音です。

2009/11/08 18:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

BODY COUNT-BORN DEAD

画像 238

アメリカ 1994年作

所謂ラップメタルの範疇で語られるバンドだが、曲はリフがグイグイ引っ張っていく曲が多く
ICE-Tも渋くて太い声で歌っており、かなり取っ付き易い印象。
リフ等からはSlayerの影響を受けていそうな感じ。
個人的にはもっとHIP HOP的な要素を強くして欲しかったが、これはこれでかっこいい。

鐘の音とダークなリフが不穏な空気を盛り上げるミドルテンポから疾走パートに移行する
緊張感たっぷりの#9「SURVIVING THE GAME」とタイトルトラック#12は名曲。

そんなにHIP HOP臭さは無いし、聴かず嫌いのままでいるのは勿体無いと思う。


2009/11/08 18:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

11月05日のココロ日記(BlogPet)

人間は、考えるバンドだと思いました。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

2009/11/05 08:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ANVIL見てきた

In the Sign of EvilのTシャツと革ジャンで可愛く決めて、六本木ヒルズまで行ってきた。

映画の内容は期待していた通りの素晴らしさ。
LipsとRobbの間柄がとても素敵。
エンディングが特に素晴らしかった。
メタル好きでよかったと思える映画だった。

懐に余裕が出来たらアルバムを買いたい。
劇中で少し曲が流れたがどれもかっこよかった。

2009/11/03 21:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。