スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

ぐげげげげげげげげげげげげげ

CATAMENIAオフィシャルサイト

Riku氏以外が脱退して「Winternight Tragedies」でBassを弾いていたMikko氏が
復帰してるんですが、何があったんだこれ・・・・。
何の説明も書いてないし、凄く気になる。
つーか今後どうなっちゃうんだよ・・・・。心配だ・・・・。

スポンサーサイト

2010/09/30 21:13 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

高見沢俊彦-Fantasia

画像 502

日本 2010年 3rd

「月姫」や「VAMPIRE~誘惑のBlood~」が良質なメタル曲だったのでそこそこ期待はしていたが、
それを上回る充実の完成度に驚愕。


まず#1「エデンの君」からいきなり炸裂するブラストビートに悶絶。
どの楽曲もキャッチーで扇情力のあるメロディとリフが素晴らしく、
伊達に20年以上THE ALFEEをチャートインさせてる訳じゃないんだな、ということを再認識させられる。
特に#1「エデンの君」~#3「Fantasia」までの怒涛の疾走曲のラッシュはかなり強力。
特に#3のリフなんか滅茶苦茶かっこいい。

Voは癖があるwけど聴いているうちに慣れてくるんじゃないでしょうか。

四捨五入すると60歳になるのに、これだけの作品を作っちゃう辺り本当に偉大だと思う。

帯の「ファンタジック・スピードメタル」の名に違わないドラマチックで非常に高品質な
シンフォニック・メロディックスピードメタルアルバムに仕上がっているのでマジでお奨め。
つまらんマイナーバンドのアルバム買うならこれ買った方が絶対良いと思います。

松本孝弘、Marty Friedman、ルーク篁、浅倉大介、ANCHANGとゲストも凄いし。

2010/09/16 22:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Pentagram- Relentless

画像 484

アメリカ 1985年 1st

ジャケやブラックメタル風なメンバー写真からもっとサタニックでおどろおどろしい音なのかと
思ったが、全体的にダークなもののどろどろというよりは乾いた感じの音像。
でも名盤と賞されるだけあって内容はマジで素晴らしい。
Voの存在感、これまた素晴らしいリフワークを含め全く隙がない。

なんというか、とにかくかっこいい。

myspace

2010/09/16 21:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Blood Farmers - Blood Farmers

画像 490_picnik

アメリカ 1995年 1st 再発盤。

聞き比べると前述のデモにはどうしても敵わないが、それはデモが凄すぎるというだけで
このアルバムも十分素晴らしい、というか凄まじい完成度。
激重でどんよりと陰鬱ででも滅茶苦茶格好いい超極上のドゥームメタルで悶絶。
とにかく本作もリフが素晴らしい!!!
うおおおおおお!!!!

2010/09/16 21:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Blood Farmers - Permanent Brain Damage

画像 491

アメリカ 1991年のデモにボーナスを追加して2004年に日本のLeafHoundRecordsが再発したもの。

一般的にドゥームの名盤として扱われている本作ですがこりゃマジで素晴らしい。
おどろおどろしいメロディを絡めたセンスの良すぎるへヴィリフを次々と繰り出し
時にソロを弾きまくるGtの格好よさは神懸かり的。
グルーヴィーで緊迫感に満ちた密度の濃い演奏とずっしり遅いが起伏のある楽曲展開も鳥肌モノ。
作品全体から漂ってくるこのなんともいえない暴力的で、血なまぐさい空気も最高。

「Bullet In My Head」に惚れて購入した一枚ですがこれほんっとうに格好良いです。
最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2010/09/16 21:45 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Varathron - Walpurgisnacht

画像 392_picnik

ギリシャ 1995年 2nd

ミドルテンポ時のザクザクした彼等特有のリフは健在だが、1stと比べると
2ビートに冷たく叙情的なトレモロリフを絡めて疾走するパートが増えたりと
よりノルウェイジャンブラックに近づいて来ている印象。
うっすら被さってくるミステリアスなKeyがいい味出してます。

あまり日本では話題になっていない印象のバンドだが、ハイクオリティです。

2010/09/16 20:10 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Varathron - The Lament of Gods



ギリシャ 1999年 EP

流麗なメロディを奏でる重厚なKey主体のサウンドで、ブラックメタルというより
曲調はゴシックメタル寄り。
かなりキャッチーで耳に残る美メロが満載で素晴らしいです。
ちょっとクサ過ぎるかもしれないがかなり好み。
たった5曲しかないがかなり楽しめた。

2010/09/11 23:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Atrophy - Violent by Nature

画像 456

アメリカ 1990年 2nd

前作同様小気味よく疾走する突撃スラッシュだが、曲調に幅が出て
楽曲の展開も複雑になっている。
リフも若干メロディアスになったような感じ。
前作ほどの勢いは感じないが、非常に完成度は高いです。

2010/09/11 20:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Atrophy - Socialized Hate

画像 455

アメリカ 1988年 1st

ひたすらファストで突撃しまくるアグレッシブなサウンドながら、
起伏のある曲展開にキレのあるテクニカルな演奏陣、と文句なしに格好いいアルバム。
Voも吐き捨て声ながら説得力のある力強い声質でいい感じ。
所々メロディアスなGtソロとかも好み。

スラッシュメタルは有名どころしか知らないが、これは頭振れる。

2010/09/11 19:24 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

The Morningside - Moving Crosscurrent of Time

画像 501

ロシア 2009年 2nd

前作同様暗く悲しくノスタルジックなメロディが素晴らしい
ドゥームデス。
アグレッシブさとかは殆ど感じられないものの、相変わらずメロディが秀逸で楽しめる。
正直ほぼ前作と同じ音なのであまり書くことが無い。でも格好いいです。

2010/09/11 19:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

(The True)Panteon- Septum

画像 213

ロシアで1997年から2002年にかけてひっそりと活動、7枚のアルバムを製作するも
活動中は決して音源が発表されることが無かった独りブラックメタルバンドの
1stアルバムを2009年にThou Shalt Kill! Rec.がリリースしたもの。


暗く美しいシンセ主体のインストには時折耳を惹かれるが、
内容自体は至極平均的で、シンプルなUG臭のプンプン漂うRawプリミティブブラック。
よくぞこれを発掘してくれた!!!と思うような作品ではないが、決して
つまらないというわけではない、なんとも微妙な作品。

2010/09/10 23:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Scrambled Defuncts - Souls Despising The God

画像 316

ロシア 2009年 1st

前作をまた更にテクニカルにブルータルに、そしてプログレッシブに
進化させた楽曲に本作ではシンフォニックなタッチが加わっているのだが
これがまた曲者で壮麗で派手だが、美しいメロディなどはほぼ皆無で
不協和音一歩手前の不穏な雰囲気を醸し出していてかなりの変態っぷり。

とても格好いいんだけど聴いていると気持ち悪くなる、疲れる。
独自性変態性は中々のもんです。素晴らしい!!!!

2010/09/10 21:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Scrambled Defuncts - Hackled In Gore

画像 318

ロシア 2005年 2md

路線は基本的に前作と同じだが、プロダクションが格段に向上し
全体的に非常にプログレッシブになっている。
ブルータルで目まぐるしく複雑に展開する楽曲はかなり格好良し。
相変わらずフットワークの軽いキレのあるGtもGood。
本作では流麗なピロピロしたソロも導入されている。
自分は結構好きだけど、これが苦手な人もいるかもしれない。
ドラムは打ち込みだが、あまり違和感無く聴ける。

2010/09/10 21:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Scrambled Defuncts - Catacomb Abattoir

画像 319

ロシア 1998年 1st

ブルデスのことはよくわからないんですが、US系のバンドっぽい結構オールドスクールな感じのブルデス。
演奏にはキレがあるし、楽曲の緩急も巧み。Voの声も中々鬼畜なので
この手のサウンドが好きな人ならまず気に入るんじゃないでしょうか。
個人的に時々メロディアスなパートを挟んできたり、小技の効いたGtワークが気に入った。

myspace

2010/09/10 20:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Enmerkar - Starlit Passage

画像 151

アメリカ 2009年 EP

全体的にぼんやりとアトモスフェリックな音像の下、
時折打ち込みDrによる激速ブラストを交えながら、ミドル/スロー主体で
ゆったりと幽玄で荘厳なサウンドを展開するアンビエントブラック。
美しく広がりを感じさせるシンセと、流麗なメロディを奏でるノイジーなGtが中々いい感じ。

myspace

2010/09/10 20:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Alley - The Weed

画像 474

ロシア 2008年 1st 頂き物

Opeth辺りにモロに影響を受けていそうな、ダークでプログレッシブ、そして
テクニカルなデスメタル。
ミドル主体ながらアコースティックなパートを設けて
静と動の対比を上手く組み合わせた展開の激しい楽曲は中々のクオリティ。
演奏もタイトで安定感があり安心して聴くことができるのだが、今一曲
とメロディにフックがなく長い曲をずっと聴いていると眠くなる。

myspace

2010/09/07 22:15 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

MistGuide-Evolve from grave

画像 497

フィンランド 2010年 1st

やはり同郷の偉大な先人であるThergothonからの影響もうかがえる、
ひたすら遅くて重くて暗く哀しい暗黒ドゥームサウンドを聴かせてくれる。
ノイジーでアトモスフェリックなプロダクションや
闇の中で蠢く異形の声を体現するような、エフェクトをかけた不気味なウィスパーVo
がなんとも妖しくオブスキュアな雰囲気を醸し出しており素敵。
ダークアンビエント的なタッチも。

そんなわけで陰鬱なドゥームが好きな人は勿論、自殺系ブラックが好きな人にもおすすめ。

mistguide.jpg
↑中の人

myspace

2010/09/07 22:04 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

追記

「Gravest Show On Earth」のAメロ、微妙にこれのサビ似てる気がしたけど
多分俺の耳が腐ってるんだな。

2010/09/06 22:46 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Bigelf-Cheat the Gallows

画像 493

アメリカ 2008年 4th

試聴してみたら中々良かったので購入。

70年代ロックの事は殆ど何も知らないのでなんともいえないが
程よいへヴィネスにキャッチーで時にメロウなメロディと楽曲、
そしていい意味で大仰でおどろおどろしい雰囲気はかなりツボ。
なんとなくTHE BEATLESやTHE DOORSテイストが感じられるのも良い。
オルガンとメロトロンの音って好きだなぁ俺。

つーかてっきりイギリスのバンドだと思ってたんだけど、LAのバンドなのね。びっくりだ。

myspace

2010/09/06 22:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

壬生狼/R.I.P - 北の狼 西の虎

画像 489

2002年 北海道/神戸 両者2曲ずつ収録 

両バンドとも非常にクオリティの楽曲を提供しており、聴き応え抜群。

ブックレット内に零戦の写真があったりリリース日が8月15日だったりと
右翼的だと色々嫌悪感を持つ人はいるだろうし、戦争を美化するつもりは毛頭ないけど
国家のため、家族、友人、そして愛する人の為に故郷への思いを募らせながらも
散っていった兵士たちを「悪」と決めつけるのはちょっと違うんじゃないかなぁ。

両バンドとも素晴らしいメロディに歌詞で非常に楽しめた。

2010/09/06 22:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

The Slow Death - The Slow Death

画像 495

オーストラリア 2008年 自主制作1st

黒と灰色で統一され、不気味な絵に彩られたブックレットからは
陰鬱で不気味なサウンドが想起されるが、実際はメランコリックでヘヴィなパートと
クリーンGtとシンセ主体のゆったりとエモーショナルなパートをうまく組み合わせて
静かに迫りくる甘美な死を表現したドゥームデス。

ディープなデス声とMurkratで呪術的な歌声を聴かせてくれた
Mandy嬢の儚げな歌声の対比もGood。

ひたすら哀しいが、どこか温かみも感じられる切ない旋律が素晴らしい。
全曲10分を超える大作揃いで非常に聴き応えあり。

myspace

2010/09/06 21:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dis Pater - Princess of the Emerald Garden

画像 496

ロシア 2003年 1st

TvangesteのVictoria Koulbachnaja(Key・flute)が在籍。

煌びやかで幻想的なKey、メロウなGt、ヴァイオリンの優雅で物悲しい旋律が
一体となりドラマティックに展開するロシアらしい耽美的なシンフォニックゴシックメタル。
基本的にミドル・スロー主体だが時々疾走パートもありこれが中々格好いい。
メロディの質感はTvangesteよりArcane Grailに近い雰囲気。

耽美的でクサクサなこの手のバンドが好きならお勧め。

myspace

2010/09/06 21:35 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Solerrain - Fighting the Illusions

画像 498

ロシア 2010年 1st

キラキラと派手で北欧のオーロラを思わせるような冷たいKey、
ツインギターとKeyによる流麗なインタープレイが否応無く初期COBを思わせる
というかモロに初期COBなサウンド。
時々どこかで聴いたことがあるようなメロが飛び出してきたりするが、
全体的にクオリティ自体は中々高いのでArcheonとか好きな人はチェックしてみては。

myspace

2010/09/03 17:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

HIM-Digital Versatile Doom

画像 500

フィンランド 2008年 ライブCD&DVD

Venus Doom発表後のロサンゼルスでのライブを収録。
CDよりも幾らかヘヴィになった楽曲は非常に格好よし。
音質も良好、客席の盛り上がりも熱く中々楽しめるライブ盤。
ラストを締める「The Funeral of Hearts」が秀逸。
しみじみとメロディ(特に歌メロ)センスが素晴らしいバンドだと実感。

CDだけでも十分楽しめるが、非常に荘厳で美しいライブ会場と
ロマンティックな楽曲の調和とVille Valoのかっこよさを体感できるDVDもすばらし。
「Right Here In My Arms」がCDに収録されていないのが残念だなぁ。

2010/09/03 17:24 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

嵬峨-以心伝生

画像 488

福井 2010年 1st

日本のバンドらしい、メタリックで厳ついSkinds。
曲調は鎧とかに似ているものを感じたが、こちらはよりGtにメタル色が強い。
メロディと時々苦しげになるVoに磨きをかければ、さらに良質な作品を作ってくれそう。

2010/09/03 17:11 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。