スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

2010年まとめ

なんかめんどくさくなってきた件

Kiske ー Somerville
高見沢俊彦-Fantasia
Hour of 13 - The Ritualist
Balzac-Judgement Day
あたりがよかったですまる。

いつにもなく適当ですが来年もまた適当にやっていきますのでよろしくお願いしますまる

スポンサーサイト

2010/12/31 20:34 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

Sons of Satan - In Times Of Fire

画像 546

スウェーデン 2004年 デモやらなんやらの詰め合わせ

関連バンドであるBestial Mockery(R.I.P)からメロディとあのノリノリなドライブ感を取り除いた
変わりにナチ系SEを取り入れたようなサウンドで、ひたすら喧しく暴力的な音の塊。
生々しい演奏とPogrom Blitzkrieg Stormtrooper氏の表現力豊かなVoは中々熱いです。

リフ・曲は結構一本調子なので好き者向けかも。
Bestial Mockery聴きましょう。

2010/12/15 00:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Harvest- Harvest

画像 551

オーストラリア 2010年 1stDemo

オーストラリア産という以外おそらく正体不明。ジャケかっこいい。

ミドル主体の崩壊気味のリズムに陰気なメロディ、発狂系Voが絡み
劣悪な音質の下根暗で病んだ雰囲気を発散するLLN周辺のバンドを思わせるサウンドですが、
所々で顔を出す不釣合いなほど儚く美しいメロディが中々素敵。

中々いいバンドだと思います。

2010/12/14 23:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

The Like-Release Me

画像 549

LA 2010年 2nd

この手の音楽についての知識は全く無く、ディスクユニオンのガールズポップ特集で
なんとなく聴いてみたらモロにツボだったので買いました。

ガールズロックとかガレージロックに関する知識は本当に皆無なので
比較したりとかそういうことは出来ないんですが、何も知らん俺が聴いても
非常にキュートでポップで魅力的なアルバムです。
レトロな雰囲気は凄く好みだし、仄かに哀愁漂う甘いメロディと
Z Berg嬢の軽くハスキーなVoも良い感じ。

あとBASSとORGANが凄く可愛くて死ぬる。

なんというかこうエグくないキノコホテルって感じでしょうか?
よくわかんないけど。

まぁとにかく凄く良いアルバムです。
もし来日決まったらライブ行きますよ。メタルTシャツ着て。

ようするにLA版放課後ティータイムですよ。


myspace

value="http://www.youtube.com/v/42p2nERiNFk?fs=1&hl=ja_JP">

2010/12/12 01:20 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Brian Jones Presents-The Pipes of Pan at Jajouka

画像 547

1968年 モロッコ/イギリス 1st

69年に他界した元rolling stonesのBrian Jonesがモロッコ北部リフ山脈の
ジャジューカ村で録音した宗教音楽をベースにエフェクト等をかけて再構成したもの。

当時ウィリアム・バロウズはこの作品を「400年前のロックンロール」と評したらしいですが
中々どうして上手い事言いますね。

無限に反復されるプリミティブなパーカッション、親父や女性、子供の掛け声、
チャルメラ、笛、パイプ等の楽器が一体となって生み出すそのサウンドは
上手く言葉に出来ないものの、呪術的で力強いエネルギーに満ち溢れていて恍惚的。

気がつくとずっとこのアルバムをリピートしていられるくらい。
なんだか聴いていると快感すら感じます。
元々トランス状態を生み出すための音楽だそうなので、そういう効果があるんでしょう。

部屋を暗くしてイヤホンで大音量で聴いているとなんかこう、あちら側の世界に行きそうな感じすらしてきます。

ボーナスに2曲RemixVerが収録されてますがそちらもGreat。

2010/12/12 01:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

High Tide-Sea Shanties

画像 548

イギリス 1969年 1st

極端に歪んだ音色で奏でられるへヴィリフと弾きまくるヴァイオリンのバトルが
グイグイ曲を引っ張っていく、この上なく不穏で混沌としたサウンドながら
英国らしい湿り気のあるGtメロ・ヴァイオリンとシンセの奏でる優雅で美しいパートも
ふんだんに設けられていて静と動、美と醜の対比が非常に素晴らしいです。

#4でちょっと出てくるクラシカルなGtリフに悶絶。

Black Sabbath登場前にこれだけのことやってたってだけでも凄いのに、
変拍子使いまくりで複雑な曲展開にも拘らず全くダレることなく、ダイナミックに聴かせる
劇的な作曲センスに感服。

すっごい

2010/12/12 00:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Guru Guru-UFO

画像 541

ドイツ 1970年 1st

手数の多く、叩きつけるようなテクニカルなDr、のたうちまわりうねり狂うようなBa、
これまたうねりまくるおどろおどろしいGtが織り成すサイケデリックUFO絵巻。
収拾がついていないのに何か凄まじいものを感じさせられる1枚。
耳に残るカッコいいリフが多く、曲も短めなのでこの手のジャンルの初心者である自分でも
非常に楽しんで聴くことが出来た。

2010/12/12 00:36 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。