スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Misteltein-Rape In Rapture



スウェーデン 2000年 1st

Dimmu Borgirの3.4枚目そっくりのドラマティックなシンフォブラックです。
バッキングはメロディアスながらも結構スラッシーに刻む展開も多く、
メタルとしての普遍的な格好よさも兼ね備えた非常にクオリティの高い1枚です。
美しくミステリアスなKeyもなかなか素敵。
個人的には以前聴いた2ndよりも好きです。
そんなわけで格好いいシンフォブラックが好きな人は是非。

スポンサーサイト

2012/01/21 23:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Imoned-The Golden Sphere But Humble



韓国 2005年 1st

ずっと貸していたのがようやく帰ってきたので。
系譜的にはOatheanとかDark Mirror Ov Tragedy系のシンフォブラック・デスメタルです。
上記に挙げたバンドと同様韓国らしい悲壮感溢れるメロディの充実度は中々素晴らしいですし
演奏もタイトで音質も良好、曲展開もしっかりした高品質な作品です。
メロデス色が強いのでどちらかというとその筋の人のほうが楽しめるかも。
バンドは本作リリース後Skaldに改名して活動しています。

2012/01/21 23:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Wintermoon-Dogma



ドイツ 2011年 3rd

過去2作はDarkthrone臭のするオールドスクールな正統派ノルウェイジャンブラックでしたが
本作ではどちらかというとBurzumやスウェーデンの根暗なバンドに影響を受けたような音になっています。
疾走パートは健在ですが、ミドル主体で悲壮感漂う暗く陰鬱なリフを反復する展開が増えました。
ただかといって本格的にデプレみたいにはなっていないので自分でも非常に楽しめました。
1曲平均約10分と割と長いですが、メロディの良さと曲展開の巧みさもあり中々ダレない作品です。

2012/01/21 23:11 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Wintermoon-Arroganz



ドイツ 2006年 2nd

凄いジャケです。

路線は前作と変わらない王道プリミティブブラックメタルサウンドですが、わりと長尺な曲が
多かった前作と比べると大分コンパクトになっており贅肉がそぎ落とされた感じがします。
また本作では割と陰鬱なムードが強いです。ただ耳を惹くメロディも要所要所で出てきます。
正直地味なんですがまじめにブラックメタルしてる感じがして僕はとても好きです。

2012/01/21 23:05 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Wintermoon-Sorrow & Hate



ドイツ 2005年 1st


オーソドックスなノルウェイジャンスタイルのブラックメタルで特筆すべき点などは
どこにもありませんが、ドイツらしい悲哀をたたえながらも決してメロメロになりすぎず
寒々しく陰鬱な雰囲気が強い楽曲は非常に格好いいです。
展開や構成はとてもシンプルですが、とてもストイックで硬派なサウンドです。

2012/01/21 22:59 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Mutiilation-Destroy Your Life For Satan



フランス 2001年のデモを2008年に再発したもの


一応買っておくかーということで買いました。
正直「とらんしるヴぁにあどりーむずかむとぅる~~~~~」の再録が素晴らしすぎて他の曲は
あまり印象に残っていないです。格好いいですけどね。
打ち込みドラムが残念ですが、普通にブラックメタルとして格好いい作品だと思います。
僕は初期のぶっ壊れたポンコツサウンドのほうが好きなんであれですが。

2012/01/19 20:11 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Mutiilation-Black Wind Of War



92年「Rites Through the Twilight of Hell 93年「Satanist Styrken」94年「Destroy Your Life For Satan」
と3本のデモを収録したもの。
皆大好きGoat Moon Worship Recordsからのリリース

93、94年のデモはああMutiilationだね、という感じの音で特に印象には残りませんが
92年のデモの異様にぶっ壊れた、キチガイじみた楽曲が素晴らしいです。
演奏も音質も本当に酷いし楽曲自体はそんなに面白くないんですが、とにかくこの病んだ空気が素敵。
ゾンビみたいな生気の感じられない気持ち悪いがなり声もボロボロの曲にマッチしています。
Under The Fullmoonの中盤で顔を出す滅茶苦茶なオルガンに悶絶。

92年のデモがとにかくすごいのでこれだけのためにでも買う価値はあります

2012/01/19 20:05 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。