スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

ALBIORIX REQUIEM-Astral Stream



日本 2011年 2曲入りミニ

もうだいぶ前ですが小岩で初めて見てその素晴らしさに即買いしました。
所謂ゴシック・ドゥームデスのお手本のようなサウンドですが、静と動のパートで
上手く緩急をつけたメランコリックかつへヴィでどこか神秘的な雰囲気すら漂う楽曲は非常に素晴らしいですし、
この手のサウンドお約束の美しく儚げな女声とディープなグロウルのコンビネーションも良い感じです。
美しくアトモスフェリックなKeyによる装飾も荘厳な雰囲気で素敵。

質が高いのはもちろんですし、この手のバンドは国内では貴重だと思うので頑張ってほしいです。

スポンサーサイト

2012/03/29 23:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

VALKYRIE-Despair



日本 2012年 デモ

ドゥーミーな圧殺系へヴィリフで押しまくるパートとデプレ的なアルペジオやトレモロリフを組み合わせた
非常にネガティブで陰惨なサウンドにSilencerとかMutiilation好きそうなキチガイ系で病んでる感じの
悲痛な絶叫が絡むというもの。
1曲目は以前カバーしていたThorr's Hammer的な雰囲気も感じられる楽曲で
2曲目は国産バンドらしいフレンチブラック的な耽美なメロが前に出た楽曲です。

デプレは普段あんまり馴染みがないというか、好きでないバンドの方が多いので
凄く好きになるということはありませんでしたが、面子が面子なだけあって良質な作品だと思います。
最初のライブから比べると格段に格好良くなっていて驚きました。

2012/03/29 23:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Zvrëöprëh - Zbrhënöhkriééhn



フランス 2010年 3rdデモ

LLNフォロアーなバンドです。
#1はLLNのアンビエント勢が好きそうな陰惨で頽廃的なダークアンビエント
#2はRawかつファストなプリブラ曲でベースが中々独特な感じです。
荒荒しい中仄かにメロウだったりしてジャパブラ好きに受けそうな気がします。
2曲で10分ほどなので物足りないですがクオリティはそこそこです。
画像がないのでアーカイヴスから引っ張ってきましたが、実物のブックレットの紙は
グッシャグシャグシャに丸めたものを広げ直した感じで何とも怪しい感じです。

2012/03/29 22:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Zvrëöprëh - Atavism



フランス 2010年 5thデモ

Thanks欄にMutiilation、Belketre、Vlad Tepes、Lucifugumの名前が挙がっていることからも
分かると思いますが(最後は違いますが)以前聴いた4thデモ「Zvréèhöèprëh」と同様に
LLNから多大な影響を受けたブラックメタルをやっています。

前作はVlad Tepesでしたが本作はリフの気持ち悪さなんかは割とMutiilation寄りに、
Voや全体的な雰囲気はBelketreよりになっている気がします。
よく動くベースラインが中々印象的です。

ただあくまでなんとなく似てるっぽい、というだけなので凄いものを期待するとがっかりすると思います。
前作の方がLLNフォロワーのブラックメタルとして俄然「それらしい」感じでした。

2012/03/29 22:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Old Oak-Hidden Path To A Forgotten Forest



アメリカ 2005年 1stデモ

キーボードによる重苦しく神秘的な雰囲気の漂うダークアンビエントです。
基本的に起伏のないアブストラクトなサウンドですが、メロディラインがはっきりしているので
中々聴きやすい作品になっています。
タイトルやアートワークからネイチャー系のサウンドを予想していましたがあまりそういう要素は無いように感じました。

2012/03/29 20:24 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

PAINTBOX-EARTH BALL SPORTS TOURNAMENT



日本 2000年 2nd

情景の見えるハードコアがコンセプトらしいですがハードコアの攻撃性を失わずに
堪らなくドラマティックで最高にポジティブなサウンドで素晴らしいです。
力強い日本語Voも格好いいですし、故CHELSEA氏のギタープレイも絶品でなにもかもが格好いいです。
傷跡は何度も何度も聴いています。

2012/03/28 23:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nuit Noire - The Gigantic Hideout



フランス 2011年 4th

路線は相変わらずなんですがかなりパンク色が強い作品です。
クリーントーンを多用した、メランコリックで浮遊感漂うギターや全体的な黒い雰囲気は
最早ポジパン・ゴシックパンクの域に行っているような印象を受けました。
実際楽曲もちゃんと作りこまれていますしなによりこのヘナチョコVoが妙に格好良く聞こえます。
彼らが愛し求める夜と妖精を感じさせる素晴らしいアルバムです。
これは大変気に入りました。

2012/03/28 22:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nuit Noire - Delïrant Fantäesy



フランス 2007年のEPの2010年再発盤

相変らず脱力系へっぽこブラックパンクなんですが、楽曲の方はかなりアグレッシブというか
ハードコア色が強めでNuit Noireのくせに、というと凄く失礼なんですがかなり格好いいです。
そこにNuit Noire特有の浮遊感のあるメランコリックで独特なメロディも素敵ですし
お馴染みヘナチョコクリーンVoも冴えています。
タイトル曲#1とかは普通に燃えるブラッケンドハードコアと言えるんじゃないでしょうか。素晴らしい。

2012/03/28 22:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Medo - Matéria Negra

Medo ? Matéria Negra (2011)

ポルトガル 2011年 2nd

ジャケのとおり妖しい雰囲気が充満するブラックメタルをやっています。
曲はオーソドックスな感じですが囁くようなデス声やミステリアスでオカルティックなシンセやメロディ遣いを
取り入れることでなんとも不気味な世界観を作り上げています。
ただ全体的にかなりチープなのでマニア向けでしょう。

2012/03/28 22:12 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Zvrëöprëh - Zvréèhöèprëh

Zvreopreh-Tape 1

フランス 2010年 4thデモ

バンド名やタイトルからお分かり頂けるようにLLNフォロワーなバンドです。
特にVlad Tepesの影響が大きいようでLa Morte Luneに近い劣悪でガリガリな音質に
Vlad tepesが大好きなんだろうなぁという感じの曲展開とメロディが特徴的(?)です。
メロディ自体は中々メランコリックで素敵なのがGood。

独創性なんかは望むべくもありませんが、サウンドから雰囲気まで含めて中々良質なLLNフォロワーです。

2012/03/28 22:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dark Tranquillity

昨日は何となく勢いでDark Tranquillityを見に行ってきました。
僕はOatheanが大好きだったのでそちらも楽しみでした。

Oatheanは新譜からの曲が多かったので少し微妙でしたが、Darkseed In My Mindをやってくれたので満足です。
最初は盛り上がっていませんでしたが次第に盛り上がってきてよかったな、と。
物販は案の定売れていませんでしたが。

Dark TranquillityはFictionまでしかわかんないので知らない曲も多かったですが定番の名曲も
沢山やりましたしミカエルさん超イケメンでしたしかなり見ごたえがありました。
なんか新譜が出るみたいですよ

2012/03/28 21:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Denial of God / Abysmal Grief-Resurrection of the Damned / Brides of the Goat





デンマーク・イタリア 2009年 2曲入りEP

Denial of Godは高速2ビートで疾走するファストパートとミドル~スローパートをうまく組み合わせた
彼等らしいメロディアスでドラマティックなブラックメタル。
ベテランらしいしっかりとしたサウンドが魅力的です。
対するAbysmal GriefもクラシカルなKeyを前面に押し出した彼ららしい
シアトリカルでオカルティックなダークメタルで素晴らしいです。
本作の曲はゴスっぽさが強いかも。

両者ともシアトリカルでホラーなテイストを含むサウンド、という面で共通点のあるバンドですが
どちらも期待を裏切らないハイクオリティな楽曲を提供しています。

2012/03/20 23:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Abysmal Grief – The Samhain Feast



イタリア 2009年 2曲入りEP

ジャケからしてもう胡散臭いです。
サウンドの方もイタリアらしいシアトリカルで不気味なドゥームメタルでこれがまた非常に格好良し。
キャッチ-でノリの良いへヴィリフに被さる妖しく、オカルティックなKeyが素敵。
DEATH SSからNecromass、Mortuary Drape辺りにも流れるイタリアンオカルトメタルの血脈は面白いです。

2012/03/20 22:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

少女人形―少女人形



日本 1985年 ソノシート

昨日渋谷で購入。大興奮です。

変態ハードコア・SM・ロリータ・スカトロ・パンクだそうです。
曲の方はダークでドロっとした感じですが割とストレートでキャッチ-なパンクです。
サウンドの雰囲気的には奇形児やスターリンが好きなのかな、という感じです。

内向的で肥大した劣等感と自意識に苛まれている日陰者や所謂「非リア」の
根暗でジメジメとした妄想をストレートに表現した、思春期の閉塞感バリバリな歌詞が
なかなかにエログロで良い感じです。
#1「ONA-PET」の「飛び散る精子 駆け巡る罪悪感 歪んだ醜い顔 空へ舞い上がっていく」とか。

あくまでB~C級な感じですが僕はとても好きです。
他の作品も欲しいですね(できれば安価で

2012/03/20 22:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nordafrost - The Victorious



ドイツ 2011年 2曲入りEP

North AriseはDissectionが好きそうなB級ブラックスラッシュ、という感じでしたが
本作はより冷たく悲壮感を湛えたメロディの煽情力とドラマティックさに磨きがかかっており
よりDissection度が増しています。#1は間違いなく名曲です。

90年代スウェディッシュメロディックブラックや同郷のBlack Horizons、Thulcandra等が好きなら
間違いなく楽しめるであろう良作です。
とても格好いいです!

2012/03/20 22:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Cobra-Lethal Strike

COBRA - LETHAL STRIKE - FRONT

ペルー 2012年 1st

モロにNWOTHM系のピュア・へヴィメタルです。
軽快な疾走感とキャッチ-さ、そして仄かな哀愁を湛えた叙情的なメロディを兼ね備えた楽曲は
聴いていて非常に爽快ですし、若いバンドらしいいい意味での荒々しさもエネルギッシュな印象を与えてくれます。
ロックンロール的なドライブ感もなかなか素敵です。
そんなわけでNWOBHM、NWOTHM系のバンドが好きなら聴いて損はないでしょう。

2012/03/20 21:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Legion 666-Kiss The Goat



カナダ 2000年 1st

クラストにデスメタル的なブルータリティを加味したような感じのダークかつ凶暴なサウンド。
ズルズルとサタニックな空気をビシビシ出しながらもノリが良くてキャッチ-なリフ・展開もあるので
一本調子にならず楽しめます。
個人的にはMoment Maniacsに通じるような印象を受けました。
オールドスクールなブラック・デスメタルが好きならまず楽しめるのでは。

2012/03/20 21:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Dark Sanctuary-Thoughts : 9 years in the sanctuary



フランス 2005年 ベスト盤

1~4枚目から2曲ずつ選曲されたベスト盤です。
1st、2ndは所持しているので新鮮味はありませんが、それ以外の曲も安定のDark Sanctuary節全開で楽しめました。
どうせならデモの曲等貴重な音源も入れてほしかったです。

2012/03/20 21:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Hirilorn / Merrimack-Hirilorn / Merrimack



フランス 1998年 Drakkar Productionsから

Hirilorn(#1~2)
#1はアルバムにも収録されていたThe Legion That Will Never Fall。
アルバムの方は聴いたことがないので同じテイクなのか違うのかとかはわかりませんが
フレンチブラックらしい耽美的なメロディが素敵なドラマティックに聴かせる約12分。
#2はMayhemのPagan Fearsのカバー。

Merrimack(#3~6)
Obsecrations to the Hornedにも収録されていますがそちらは未聴。
古い音源なので幾分シンプルですがメロディアスかつ疾走感のあるブラックメタルで中々格好いいです。

どの曲も後に別の音源に収録されているので敢えて買う必要は無いと思いますが内容は素晴らしいです。

2012/03/17 00:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Mirkwood-Journey's End

mirkwood-tape-mc-journey-s-end (1)

アメリカ 2006年 1stデモ

Tolkienからバンド名を取っているバンドらしくヒロイックかつファンタジックなメロディを奏でる
ギターとKeyをメインとしたドラマティックなメロディックブラックをやっています。
メロディがとても素晴らしく、かなり耳を惹かれます。
割と長尺な曲が多いですがドラマティックな展開とクサメロで一気に聴かせてくれるので飽きませんでした。
タイトルトラックのJourney's Endが特にすばらしいです。
とても素敵なデモなだけにドラムが打ち込み丸出しでチープなのが残念です。
是非他の作品も聴いてみたいバンドです。

2012/03/16 23:29 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Flammersjel-Чёртоги Звёздного Сияния



ウクライナ 2009年 デモ

かなりクサめで勇壮なメロディを弾きまくるトレモロリフを軸に疾走するサウンドに
アトモスフェリックなKeyが被さるメロディック・ペイガンブラック。
Voが野太いがなり声なのもありヴァイキングメタルが好きな人とかにもアピールしそうです。
クサメロブラックが好きなら聴く価値はあるかもしれません。

2012/03/16 23:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Frozen Ocean-And Hoarfrost Blooms Henceforth

Cover (1)

ロシア 2010年 EP

3㎝CDとかいうカルトなフォーマットでのリリース。50枚限定だそうです。これも貰い物。
1曲約22分で悲壮感溢れる凍てつようなトレモロリフを主体に疾走するColdでNorthなサウンドです。
要所要所で絡んでくる冷たくアトモスフェリックなKeyによる装飾も中々いい感じ。
やたら多作な独りブラック、という先入観から正直そんなに期待してなかったんですが、これはかなり格好いいです。
良質なコールドメロディックブラックメタルです。良い。

そしてこのバンドも去年ひっそりとAokigaharaなんていうアルバムをリリースしていたようです。

2012/03/16 23:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Suicidal Anorexia-MHIIMB|MSBFAR



メキシコ 2010年 1st

去年だかにRigorism Productionで買い物した時におまけとしてついてきた1枚。
このレーベルから出てるようなデプレは苦手なので普段から全然聴かないので本作もずっと放置していました。

実際聴いてみると基本はよくいそうな(?)デプレなんですが冷たい感じの物悲しくアトモスフェリックなKey・ピアノが
割と前面に押し出されていたり、展開が結構ひねくれた感じだったりと中々面白い作品でした。
ただ作品としてのまとまりがないので聴いていて飽きますし、散漫な印象を受けるところがRigorismらしいというかなんというか。
うーん正直微妙ですね。1曲1曲はそれなりに良いですが。

2012/03/16 22:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

My Darkest Dream-In Love With Misanthropia



フランス 1999年 EP

The CNK、Anorexia NervosaのVoであるRMS Hreidmarr氏がAnorexia Nervosa加入前に在籍していたバンド。

おどろどろしく耽美的なKeyを前面に押し出したダークなシンフォ・ゴシックブラックメタル。
所々でいい感じの美メロは聴けますが、曲自体はそこまで魅力的ではないので
全体的なクオリティとしてはB~C級な感じです。ただラストのDismal Sadismは中々いい感じです。
RMS Hreidmarr氏のVoは相変わらず表現力に長けていて格好いいのでそこは評価できます。
RMS Hreidmarr氏の熱烈なファンやシンフォブラックなら何でも押さえたいコレクター向けの作品でしょう。

2012/03/16 22:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Kryphos-Suicide Suite



韓国 2011年 EP

悲痛な絶叫が響き儚くとも陰鬱なムードが終始漂う、悲しみに満ちたデプレッシブブラック。
1曲20分超と中々の大作ですが緩急が巧みにつけられしっかりと作りこまれた楽曲はかなりのクオリティ。
囁きや雨音のSEに暗くクラシカルなピアノパートも作品全体の雰囲気を盛り上げておりGood
ただ若干冗長な印象がするのも事実で敢えて1曲にまとめる必要はあったのかな、という気はしないでもないです。
ただ中々ハイレベルな作品ですので今後にも期待できます。
メンバーがMisanthropic Artの中の人とトラブってCDがすべて破棄されてしまったようなので、欲しい人は早めに買ったほうがいいでしょう。

2012/03/16 22:05 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Licht Erlischt - The Narrow Path



ドイツ 2009年 1st

Hornのメンバーによる独りブラック。
疾走パートを交える部分もあるが基本的にはスローで暗く物悲しいドゥーム・デプレッシブブラックです。
悲壮感溢れるメロディは素敵ですし、揺蕩うような浮遊感すら感じさせる幻想的なアルペジオの音色が耳に残りました。
聴いているとHornに通じるメロディ遣いがあったりします。Hornを暗く重くした感じでしょうか。
個人的にはHornの方が好きなんですが本作も素敵な作品です。

2012/03/16 21:55 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Zmierzch-Anders Suhm



ポーランド 2011年 EP

オーソドックスなブラックメタルで特筆すべきところはそんなにないですが
音質演奏はまともですし、曲もしっかり作ってあるので質はそれなり。
タイトルトラックのメロウさと寒々しさが中々に素敵でした。
地味ながら手堅い感じの音です。

2012/03/09 18:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Rutonkantaja-Nature Mysticism



フィンランド 2008年にリリースされた1stの再発?

冷たく暗く悲しいメロディを反復してゆったり聴かせるBURZUMからの影響を強く感じさせるスタイルで中々沈めます。
そこにメランコリックなアコギやシンセが絡み美しく寂しげな世界観を盛り上げる感じ。
3曲目など爆走する曲もありますがこれもまたRawかつメロウで格好良し。
Wyrdのメンバーがやっているだけあって悲壮感の中にも土着的で、どこか郷愁を誘う様な雰囲気が漂っています。
タイトル通り大自然の神秘を感じさせる名作だと思います。

2012/03/09 18:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Nowen-Nothing But Hate



フィンランド 2010年 1st

疾走する性急なリズムとザクザク刻むリフで疾走するデスラッシュ。
北欧のバンドらしくリフ・ソロにふんだんに泣きのメロディが散りばめられており、なかなか高品質な
メロディックデスラッシュ作品に仕上がっている。
ちょっと音が軽いような気がしますが、疾走感は抜群で聴いていて爽快。
HATESPHEREとかが好きなら気に入るのでは。

2012/03/09 18:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Bulletwolf-Bulletwolf



アメリカ 2007年 デモ

1stに比べるとストーナー要素が強くより荒々しくノリノリなサウンド。
1曲目が100 Beersという素晴らしいタイトルで相変らず素敵なバンドでした。
聴いてて自然と体が揺れてくること間違いないでは。

2012/03/09 18:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。