スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Catamenia - The Rewritten Chapters



フィンランド 2012年 過去曲の再録ベスト

2010年に中心人物のRiku氏以外が皆抜けてしまったのでどうなるかとおもいましたが
無事メンバーも揃っての新譜です。
過去のアルバムから1~2曲ずつチョイスし再アレンジ・再録を施したものです。

選曲は中々いい感じなので概ね文句はないですし、アレンジも原曲をぶっ壊さない程度に
上手いことハマっているので良い感じです。
また新Voが中々表現力に長けたデスヴォイスを聴かせてくれるのも好感触です。
ただ折角Keyが戻ったのにあのオーロラを思わせるキラキラ感控えめなのは少しいただけないですね。
あと気になるのがブラストが・・遅い・・!ドラムが微妙なのはもうこのバンドの持病みたいなもんなんでしょうか・・。
Eskhata等の疾走感が減退しているのがとても残念。

またボーナスでBon JoviのBorn To Be My Babyをカバーしていますが、泣きのメロデス曲になっていて
これが非常に格好いいものになっています。

ファンには嬉しい作品ですし、格好良く仕上がっていると思うので新曲にも期待しています。

スポンサーサイト

2012/04/25 16:19 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

Crypt of Kerberos - The Macrodex of War

733388 (1)

スウェーデン 2005年 コンピ盤

7インチやデモやらを色々詰め合わせた作品。
初期はドゥーミィで腐臭が漂ってくるようなドロドロと不気味でおどろおどろしい邪悪なデスメタルをやっています。

その後は疾走パートも増えアグレッションとドロドロ感を兼ね備えた極上のデスメタルサウンドへ。
流麗なソロやリフに織り込まれた美しいメロディに耳を惹かれます。
また、初~中期はそこんじょそこらのガテラルじゃ太刀打ちできない凄まじい低音デスヴォイスが素晴らしいです。
これは後期でも強く感じさせられますが楽曲構築能力の高さとセンスが凄いですこのバンド。

後期はデスヴォイスを排した耽美的でプログレッシブなメロディックメタルになっていて驚かされますが
緻密に作りこまれた楽曲は面白いですし、これはこれで素晴らしいと思います。Temptation Denialは圧巻です。
Emperorの最後のアルバムやIhsanのソロが好きな人はガッツポーズなんじゃないでしょうか。
ラスト2曲は初期の激Rawなデスメタルでこれもまた素晴らしい。いい〆です。

この手の再発モノの中でもトップクラスのセンスを持った素晴らしいバンドだと思います。
1stアルバム欲しいですね。

2012/04/25 15:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Her Ghost Friend-Her Ghost Friend



日本 2011年 1st

ジャケの煌めく星々の様なピコピコ電子音が乱舞するテクノポップに
やくしまるえつこ的な浮遊感の漂う女声Voが絡むポップでキュートで幻想的なサウンド。
メルヘンチックだがどこか暗く陰をさせる歌詞と楽曲、歌が中々マッチしていて
子供の無邪気さのような楽しげで、でもどこか悲しい雰囲気が素敵です。
この手の音楽はよくわかりませんしなんとなく買ってみたアルバムですが大当たりでした。

2012/04/25 15:13 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

SKALD - Amen



韓国 2011年 2nd

Imonedが改名したバンド。
悲哀を湛えた暗く冷たいメロディが印象的なブラックメタルをやっています。
楽曲はソツ無くまとまっていますしそこそこのクオリティですがあまり響くものはありませんでした。
悪くはないんですけどね。自分がブラックメタルにマンネリ気味なのもあるかもしれません。

2012/04/25 15:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Zandelle - Flames Of Rage



アメリカ 2009年 4th

ジャーマンメタル的なツインギターの叙情的なハーモニーをたっぷり含み
疾走感もバリバリな正統派メロディックパワーメタルです。
カイ・ハンセンを少しだけ髣髴とさせるVoも素敵です。
速い・メロディアス・格好いい とこの3点がそろえば何も文句は無いわけでこの手の音楽が好きなら
聴いて損することはないでしょう。
やっぱり自分はこういう音が好きだなぁとしみじみと感じさせられました。

2012/04/25 14:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Fall ov Serafim - Nex Jehovae



スウェーデン 2006年 1st

Mistelteinのメンバーによるバンドでサウンドの方もMistelteinの2ndをアップデートさせたような
デスメタル要素の濃いブルータルかつドラマティックなシンフォニックブラックメタルをやっています。
かなり激しい音楽ですがメロディアスな要素も多く含まれており非常にハイクオリティなサウンド。

2012/04/25 14:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

DEMENTOR / HETSHEADS - The Art Of Blasphemy / We Hail The Possessed

Dementor and Hetsheads - The Art of Blasphemy - CD

スロヴァキアのDementorが1999年にリリースした3rd「The Art Of Blasphemy」と
スウェーデンのHETSHEADSが1994年にリリースしたコンピ盤「We Hail The Possessed」を
カップリングして再発したもの。

Dementorは凄まじい速さのブラストとドピュドピュハーモニクスをキメまくるリフが印象的な
ブルータルデスメタル。格好いいんですけどブルデスに飽きた最近の自分にはちょい辛い。
Hetsheadsはこの当時の典型的なスウェディッシュデスメタルと言う感じのサウンド。
特に目立つところなどはありませんが、手堅くまとめた中々格好いいデスメタルをやっています。
スウェディッシュデス好きなら聴く価値はあるかと。

2012/04/25 14:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Under Moonlight Sadness -Moonlord



メキシコ 2009年 EP

2003年に録音された5曲と2005年のライブ5曲を収録。

Buried Dreamsの1stからあのやたらクサいメロを減退させ
芋臭さを増幅させたようなC級メロディックデスメタル。
随所随所でシンフォニックなKeyや叙情的なメロディが切り込んできますが
楽曲の方はあくまでメキシコらしい暑苦しさを漂わせる激しいデスメタルなので、バンド名やジャケから
連想されるようなクサクサ泣き泣きのサウンドを期待すると若干肩透かしを食らうかもしれませんが
中々硬派で格好いいサウンドです。

2012/04/16 20:35 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Gorement-Darkness Of The Dead



スウェーデン 1994年の1st「The Ending Quest」を中心にデモや7"EPをつけた編集盤

今まで聴いたこの手のスウェディッシュデスの再発モノの中では一番好きな作品。
ダークかつアグレッシブな王道スウェディッシュデスサウンドに絡む決して甘すぎず派手すぎない
仄かな暗く叙情的なメロディが絶妙で堪らないです。
ゆったりと聴かせるSea Of Silenceが最高。
泣かないけどメランコリーをかすかに漂わせるデスメタルは良いですね。
Rawで暴虐的なデモやEPの曲も極上。

2012/04/16 20:15 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Unfit Ass.-Absurd Reality / Flagging Water



ハンガリー 1991年と1992年のデモのカップリング再発

最初に聴いた時はあまり印象に残らなかったですが再度聴き直してみると
Disgraceなんかに通じるようなグル―ヴィーでノリのいいミドルテンポ主体の
オールドスクールデスメタルで格好良かったです。
ドロドロ感や邪悪さは薄いですがしっかり構築された楽曲で聴かせるタイプ。
産地や年代を考慮するとかなりクオリティの高いデモだと思います。

2012/04/16 19:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

NOVEMBRE RECORDS Presents

中野ブロードウェイで買い物してユニオン行って喫茶店で茶しばいた後
Twitterのフォロワーさんと合流してぶらぶらした後行ってきました。

TRIKORONA
ノリノリかつブルータルなハードコア?グラインドで格好良かったです。
Voの人が吹っ飛んできた。

LITTLE BASTARDS
名前だけ知っていたけど聴いたことがなかったのでどんなもんかなーと思っていましたが
地下で話し込んでいたら終わっていた・・・。

COHOL
やっと見れたCOHOL。空洞の曲は勿論新曲が格好良すぎた。
なんかこうへヴィメタルを感じさせるステージングが最高。インスト含め5曲は物足りない。

ZOMBIE RITUALもずっと見てみたかったバンド。
昨日一番格好良かったんじゃないでしょうか。貫録のパフォーマンスは勿論
見て聴いていてとても楽しくなってくるライブでした。
最後の乾杯!は否応が無しに燃える。

FATAL DESOLATION
見るのは2回目。相変らずリズム隊がやかましくて格好いいブラックメタルでした。
ただ個人的にブラックメタルは格好もキメててほしいなーと言うのが・・。

FATAL DESOLATION終盤あたりから狭すぎ熱すぎで気持ち悪くなり一瞬吐きかける。酒を飲んで復活。

DEATHLIKE SILENCE
つい最近出た1stミニが素晴らしかったので楽しみにしてましたが初めて見たBlack Sacrifice同様
烈しいライブでした。あの狭さで客が大暴れしていたので中々ハードだった。

COHOLとZOMBIE RITUALを見ることができて満足。
リトバスが見れなかったのは残念でしたが他のバンドもどれも素晴らしく良いライブでした。
本当は今日アンチノックも行きたかったけど金欠と眠気で行けず。

2012/04/15 21:19 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Angel Reaper-Angel Ripping Metal



ハンガリー 2011年 編集盤 89年、92年、87年のデモを収録。

89年のデモは演奏は最高に酷いし音質もボロッボロで色々と凄いのですが
ハンガリー語のおっさん声と妙に東欧フォーキッシュなメロディが導入されているせいで
崩壊系フォークメタル的な雰囲気があるのが面白いです。
スラッシュメタルと言うよりはパンクに近いんじゃないでしょうか。

92年のデモは割とシリアスな崩壊系オールドスクールデス・スラッシュ的なサウンドです。
音質の酷さと演奏の荒々しさが野蛮で格好いいので南米デスラッシュ系が好きな人なら楽しめるのでは?
ただ勿論田舎者っぽいダサさも健在です。

そして最後の87年のデモですが滅茶苦茶すぎてよくわからないです。
何かこう初期衝動や怒り・暴力性の塊なんだなということだけはなんとなくわかります。
クソのようなプリブラを喜んで聴いている人はこれも楽しめるはずです。

試聴した「Ősi dicsőség」に妙な魅力を感じて買いましたが予想通り酷い(誉めてる)音源でした。
この曲はフォーキッシュで郷愁を誘う田舎臭いメロディが炸裂していて凄く好きです。



2012/04/11 23:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Godgory - Sea of Dreams



スウェーデン 1996年 1st

後の作品ではゴシックデスに移行するバンドですが本作ではゴリゴリのデスメタルをやっています。
そこにかなり煽情力の高い泣きのソロとアコギパートが切り込んでくるスタイルで美醜の対比が
中々素敵で、他の作品と違いしっかりデスメタルの激しさも保たれているので個人的には彼らの作品の中で
一番好きなアルバムかもしれません。
#4~5の流れのメロディの強力さはかなりのもの。

2012/04/11 23:37 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Cryptic Tales – Anathema



ポーランド 1992年1stの再発

大分前に感想を書いた1994年の2ndはValley of the Dollsは個人的に
ゴシック・ドゥーム・デスの大名盤で大好きなのですがこちらの再発1stの方は
ちょっとだけ聴いて放置していました。

しかしこれがまた素晴らしい。
ギターサウンドや疾走パートはもう完全に90年代スウェディッシュデスのそれですし
暗く叙情的な旋律とソロの絡め型も絶品。
アコースティックパートもドゥーミーなパートもありますが
基本的に疾走するアグレッシブでメロディアスなデスメタルで
2ndと比べるとシンプルな印象を受けますが、これはこれで悪くないというかとても素敵な作品です。

2012/04/09 22:35 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

The Chasm - From the Lost Years



メキシコ 1995年 2nd

90年代によくいたメロデスとメロブラの中間、みたいな感じの音です。
ファストに押すパートもありますが、基本はアコギの美しい旋律を多用しプログレッシブな展開で
じっくり聞かせるタイプのバンドです。
ゴシック・ドゥーム系に通じるメランコリックさが中々良いアクセントになっています。
暴虐性は抑え目なので物足りなさを感じる向きもあるかもしれませんし、やはり
全体的にもB級なのですが、これが良いんです。

2012/04/09 22:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Commandment - Engraved in Stone



アメリカ 1988年にリリースされた1stの再発。リマスターも施されている模様。

USパワーメタルのことはよくわかりませんがアグレッシブで愁いを帯びたこれぞ正統派HM
と言う感じの曲がたっぷりで非常に格好いいアルバムです。
ヒステリックに叫びまくるVoも素敵です。
こういう非常に良質なバンドがごろごろ埋もれているのがメタルの凄いところだよなぁと。

2012/04/09 21:45 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Mortiis - The Song of a Long Forgotten Ghost



ノルウェー 1993年のデモを2011年にKyrck Productionsが再発したもの。

魔女鼻の特殊メイクでアンビエントやゴスメタルをやっている人、という程度の認識しかありませんでしたが
93年のデモというのが気になったので購入してみました。

チープさが逆にいい味を出しているキーボードによる仰々しいアンビエント作品で
Medievalな雰囲気漂うメロディラインがはっきりとしていて中々聴きやすいのですが、
1曲約一時間は正直つらいです。
繰り返しのパートも多くここまで長くする必要はあったのかなと思ってしまいました。

ジャケやタイトルからダークでオカルティックなサウンドを予想していましたが大分違いました。
嫌いではないですが一度聴けば十分かな、という感じです。

2012/04/09 20:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。