スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

220 Voltios-220 Voltios

220 Voltios

パラグアイ 2007年 1st

酷いジャケです(誉めている)

ノリノリなイントロから貧乏くさいシケたツインGtのハモリとサビの「ヘッビッメタァ!!」連呼が熱すぎる
疾走曲「Heavy Metal」・NWOBHM臭プンプンのツインリードが泣ける#3等前半は垢抜けないながらも
メタル好きです!感がよくわかる格好いい曲が揃っていてかなり好感触でしたが、
中盤はあまりフックのないリフで押すタイプのミドルテンポの曲が多く、
悪くはないもの途中でダレてきます。
後半はアップテンポの曲がメインで盛り返してくる感じですが、前半に比べるとどうも劣ってしまうのが残念。

いいアルバムなんですが前半のテンションを持続してほしかった。

スポンサーサイト

2012/05/31 23:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Skon-At The End Of A Journey



スロヴァキア 2010年 EP

Evilのメンバーによる、ゴシック・ダークロック的な素養の強いダークかつメランコリックな
サウンドをゆったりとドラマティックに聴かせるドゥーム系バンド。
Katatoniaのカバーをしていますがそれも納得なサウンドで最近聴いたのだとPotentiamに近いですね。
終始ミドル~スローで良質なメロディを聴かせるタイプなので疲れたときに聴くと沁みます

2012/05/31 23:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

C.O.D.(Corpus Omni Domini) - Monolith Empire



フィンランド 1996年 EP

美しく悲しいシンフォニックなKey入りのドゥーム/デスメタルです。
あまり遅くないですし、暗さや重苦しさではなく美や悲しいメロディに重きを置いた
ドラマティックな作風なのでメロデス・ゴシックメタル好きにも楽しめそうな作品。
収録時間が短いのが非常に残念ですが、繊細なピアノとメロディックなリフのコンビが
素敵なタイトル曲はかなり気に入りました。
こういうの大好きです。

2012/05/31 22:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Timeghoul-1992-1994 Discography



アメリカ 2012年 コンピ盤

これも各所で話題沸騰していますし、Dark Descentの気合の入り具合も凄いので
皆押さえているでしょうが一応。

SFや宇宙をテーマにしたデスメタルのようで、ちょっとした男声クワイアの様なクリーンパートや
SE、ナレーションの導入、重厚で叙情的なギターハーモニーが
どこかコズミックかつ神秘的なムードを醸し出しているのが印象的です。

また複雑で激しい楽曲展開をしながらも、オールドスクールデスメタルとしての格好よさと
邪悪さ、そしてキャッチ-さも存分に楽しめるのが凄いです。
特に94年のデモの2曲の完成度は凄まじいものがあります。

こんなに凄いバンドが90年代初頭にデモを2本だけ出して解散してたのが非常に悔やまれますが
これを再リリースしてくれたDark Descentに感謝感謝です。

2012/05/31 22:19 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

HORRENDOUS - The Chills




アメリカ 2012年 1st

皆大好きDark Descentからのリリースなので悪いわけがないんですが、完全に
スウェディッシュスタイルの、最高に素敵なオールドスクールデスメタルをやっています。
またリフ・ソロが非常に泣いていてメロディアスなのでメロデス好きにも受け入れられそうなサウンド。
個人的のこういうドラムが好きなのでそこも高ポイント。

各所で絶賛されていますがそれも納得な素晴らしいアルバム。
早くも今年のベスト入りは確定です。

2012/05/31 22:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Hierophant - The Tome



アメリカ 2007年 1993~2003年までに制作された音源をまとめたもの

極限まで遅いマシンドラムにジリジリとしたリフ、冷たく不気味な旋律を奏でるKey、
地獄の底から響いてくるようなグロウルが一体となり繰り広げられる、
ひたすら遅く重く陰惨で寒々しいフューネラル・ドゥームです。
耳を惹くような悲哀のメロディなどは無く、約一時間延々と陰惨な音の塊が襲ってきます。
聴いていてうすら恐ろしくなるような作品。凄いです

2012/05/31 22:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Darkified-Cthulu Riseth, The Complete Works Of Darkified



スウェーデン 2010年 タイトル通り全音源集

Dan SwanoさんがKeyで参加している模様。面子も何気に豪華。

ダークな質感の強いサタニックなオールドスウェディッシュデスメタルで
非常に格好いいのですがそこに時々被さる美しいKeyがまた素敵。
Key入りのクトゥルフデスメタルということでCatacombを思い出したりもしました。
後半はライブ音源で構成されていますが、これがかなり音質がクリアでかつ生々しい
エネルギーに溢れており素晴らしく格好いいです。

2012/05/31 21:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Depravity - Silence of the Centuries



フィンランド 2001年 1993年にリリースされた同タイトルEPにデモ等を収録し再発したもの

Sonata ArcticaのElias "Enska" ViljanenとKorpiklaaniのMatti Johanssonが在籍していたことで有名。

サウンド的にはブラックメタルに通じる暗く冷たい叙情的な
メロディがほんのりと散りばめられたメロディックなオールドスールデスメタルですが、特に印象に残るのは
Eliasのテクニカルかつ流麗なギターソロでしょう。弾きまくりです。
また過去の曲は結構大胆にシンセが入っているものが多く、そこも面白いです。

メロディアスなスウェディッシュデス等が好きなら聴いて損はないでしょう。

2012/05/31 21:43 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ENTRAILS - The Tomb Awaits



スウェーデン 2011年 2nd

やってることは前作と同じ王道スウェディッシュデスメタルですがこれが
格好良くないはずがありません。前作同様最高に熱いデスメタルを聞かせてくれます。
ベテランだけあって曲の格好よさやツボを確実に押してくるセンスが相変らず憎いです。
叙情メロの挿入も相変らず絶妙ですし。
全作と合わせて必聴だと思います。

2012/05/22 19:32 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Entrails-Tales From The Morgue



スウェーデン 2010年 1st

結成は90年初頭ですが2008年までずっとまともに活動していなかったというバンドだそうです。

ロゴからして某バンド感が凄く漂ってきますが、サウンドの方も絵にかいたような
オールドスクールスウェディッシュデスメタルをやっており、これがまた最高に素晴らしいです。
アグレッシブかつキャッチ-に爆走しながらもリフやソロに織り込まれた叙情的なメロディがこれまた格好いい。
Evocation辺りに通じる音でもあります。
楽曲も緩急がしっかりついておりグルーヴィーなノリを打ち出したりするパートもあって素敵。

これは素晴らしい作品です。

2012/05/22 19:17 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Symphony of Grief - Our Blessed Conqueror



アメリカ 1995年 MCD


INCANTATIONの系譜を組む地獄デスメタルにズルズルドロドロ引き摺りのたうつような
陰鬱でひたすら重く暗い鈍重パートを組み合わせた暗黒ドゥームデスメタル。
不気味なメロディ遣いや、妙に漂うアトモスフェリックな雰囲気など、
聴いていてDISEMBOWELMENTっぽいな、と思いました。
打ち込みドラムは賛否あるかもしれませんが、これはこれで冷たく無機質な感じで良いのではないでしょうか。
素晴らしい作品です。


最近Wild Ragsのデットストックをよく見ますね。

2012/05/22 19:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

XENOMORPH - Empyreal Regimes



アメリカ 1995年の1stに93年のデモをボーナスで追加し再発したもの。


めぐるましい展開と複雑なリフ裁きが印象的なプログレッシブ/テクニカルデスメタルです。
尺も割と長めですし小難しい感じな音ではありますが、邪悪でサタニックな雰囲気がかなり濃く
基本はオールドスクールでアグレッシブなデスメタルなためとても楽しめました。
おどろおどろしいメロディを多用するズルズルミドルパートが非常にいい感じです。
またメンバー写真が最高。

2012/05/22 18:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Landfill - Extinction Is Mandatory



イギリス 1995年 1st

インダストリアルチックな打ち込みドラムとピコピコ効果音等が印象的なサイバーテクノデスメタル。
マシンドラム特有の無慈悲な高速ブラストで聴き手を圧倒するようなことはなく
手数の多く複雑なリフでグルーヴィーに聴かせるタイプのサウンド。

2012/05/22 18:48 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Harmony - Summoning the Past



スウェーデン 2004年 90年代のデモをまとめたミニアルバム

VinterlandのPehr LarssonがVoで参加しているというのが気になったので買ってみました。
Maze of Tormentの前身にあたるバンドでもあります。

サウンド的には90年代初期によくいそうな典型的C級メロデスという感じです。
音質演奏を含め全体的にチープですが悪くはないです。
メロデスマニア、Maze of Tormentのファン向けの一枚でしょう。

2012/05/22 18:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Niemalsland – Endstation

Niemalsland 2011 Endstation

ドイツ 2011年 1st 100枚限定だそうです。

買ったことすら忘れていたのでなんで敢えてデプレを買ったのかよくわからないです。

音の方はありがち?なデプレでメランコリックなアルペジオ、儚いリフを反復するゆったりした楽曲に
時々うっすらと美しいシンセが被さるというもの。
Voはお約束の歪ませまくった悲痛な絶叫とモノローグ。

微妙なインストや長いだけで糞つまらないアンビエント曲は邪魔ですが、
ブラックメタル曲のメロディは中々いいと思います。
悲しいピアノが全体を引っ張る最後の「Leichenrede」はかなり好きです。

デプレは全然わかりませんが、こういうピアノやシンセが目立つ感じのバンドは好みですね。

2012/05/16 14:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Grim Sköll-Thw Eleven Rivers Of Hverlmir



メキシコ 2008年 1st

以前聴いた2nd同様に切ないメロディラインが素敵なアトモスフェリックブラックメタルをやっていますが、
本作はメロの質感がよりペイガン風で牧歌的な空気が強いです。
美しく悲しげで浮遊感のあるアトモスフェリック/ペイガンブラックが好きなら押さえて損はないと思います。

2012/05/16 13:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Chaos Feeds Life-Strike Upon You



スウェーデン 1999年 EP

ようやく買いました。
6曲15分という短さですが速くてクサくてキラキラした極上のメロデスをやっています。
この手の音が好きなら間違いなく楽しめそうな感じ。
Voはなんかハードコアっぽいです。
2011年に新しいEPが出る予定だったようですがどうなんでしょう。

2012/05/16 13:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Denial-Ophiuchus



スペイン 2010年 2nd

Sacramentumとかあの辺の「90年代スウェーデンによくいたメロデスとメロブラの中間」
みたいな音そのまんなな感じのメロデスです。
ああいう音が好きなら間違いなくツボに入るのではないでしょうか。
メロディの煽情力は中々ですし、楽曲も格好いいので楽しんで聴けました。
最近この手の音をやる若いバンドがポツポツ出てきているようですが、何か波が来ているんでしょうか?

2012/05/10 20:54 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Eternal Sadness-Elation



ドイツ 1996年 1st

やり過ぎな程クサく泣きまくりな耽美派メロメロゴシックメタルです。
音質演奏等全体的にチープでB級ですが、とにかくメロディの泣き具合が相当なもので
メロディ派はかなり楽しめそうな作品。
ピアノを多用するクラシカルでこれまた泣けるKeyが素晴らしい。
だみ声と低音デス声と物憂げなクリーンVoの三本立てでクリーンVoの歌い上げる歌メロも中々いい感じ。
割とアグレッシブな楽曲もあるので聴いていて飽きませんし、メロディが兎角クサいので
その手のが好きなら聴いて損はないでしょう。
特に2曲目は名曲です。

2012/05/10 20:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Potentiam - Years in the Shadows



アイスランド 2006年 2003年のデモ「Elysium」と2006年のデモ「Chameleon」をまとめたもの。

Thuleの後身にあたるバンドです。
Thuleは正統派なブラックメタルでしたが、このバンドはゴシック・ダークロック的なことをやっています。

初期はブラックメタルを基調にシンセやゴシック的ダークなメランコリーを取り入れた
耽美的かつロマンティックなサウンドで疾走するパートは皆無ですがドラマティックさと
暗く切ないメロディが素敵です。手法は違えどデプレや葬式ドゥームに通じるものもありますね。
後期になるとより整合感とゴシックメタル感が増し、アグレッションやノリノリさ(あくまで味付け程度ですが)
も感じられるようになっています。
KATANTONIA等に通じるかなりハイクオリティなメランコリックゴシックメタルの名盤と言えるのではないでしょうか。

2012/05/10 20:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Overoth-Kingdom Of Shadows

Kingdom Of Shadows

イギリス 2010年 1st

ジャケからしてもうガチガチな古臭い感じです。
勿論音の方もなんのケレン味もないオールドスクールデスメタルですが非常に正統派な感じで
格好いいですし聴いていて気持ちがいいです。
リフが中々キャッチ-だったりしてサクサクっと聴きとおせる良盤。
日本に仕入れたらある程度売れるんじゃないかなーと思います。

2012/05/10 20:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

NECROPHILE - Mementos in the Misting Woods



日本 2012年 コンピ

グラインドコア的な要素もあるダークかつ激Rawなオールドスクールデスメタルです。
この音の汚さとドロドロした暗い感じが最高に渋くてたまらないです。
激しい中にキャッチ-さもちゃんとあるので聴きやすいですし素晴らしい一枚です。

2012/05/08 20:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Crypt of Kerberos - World of Myths

Crypt Of Kerberos - World Of Myths (1993)

スウェーデン 1993年 1st

欲しいなーと思ってたら丁度中古で買うことが出来ました。
いやしかしこれは凄い。テクニカルでアグレッシブでメロディアスでドラマティックという
最高のデスメタルを聴かせてくれます。
複雑に作りこまれた楽曲と楽曲構築能力は相当なもので類まれなる才能を持ちつつも
1枚のアルバムで消えてしまったこのバンドの凄まじさを聴き手に叩きつけてきます。
なんとなくNocturnusに通じるものがあるんじゃないかと思いました。
これは聴かなきゃダメなやつです、多分。

2012/05/08 20:51 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

ブラサク

完結に感想を

RETURN
見るのは二回目ですが相変らずRawでダーティーなブラックスラッシュで最高でした。
ひたすら突撃しまくるスタイルで以前よりも邪悪さが増しておりすこぶる格好良かった。

Valkyrie
見るのは3回目?重く暗く陰鬱なサウンドで中々凄惨な空気を産み出していて素敵でしたが
なんとなく試行錯誤しているような感じがしました。

Hakuja
個人的には今回の一番見たかったバンド(?)でした。
楽曲は勿論素晴らしくて選曲もベストなものだったと思います。
あとあんな複雑な曲弾きながら歌えるのにも感服。
そして特に印象に残ったのはHakuja氏の存在感と眼光の鋭さ。緊張しました。

Fatal Desolation
見るたびに格好良くなってると思います、というかブラックでなくハードコアとかの
ライブを見ているような気に毎回させられます。
ただブラックメタルぽさはあんまりない気がします。

Cataplexy
ようやく生で見ることが出来ましたがやはり魅せ方、というか貫録が違いますね。
演奏もパフォーマンスも極上でした。ブラックメタルに最近魅力を感じなくなっていますが
やはり格好いいものは格好いいんです。

おめでたい話なんかもありましたし、色々な人と話して酒飲めましたし毎度のことながら良いイベントでした。
出演されたバンドの皆様、そしてZERO DIMENSIONAL RECORDS様本当にお疲れ様でした。






2012/05/08 20:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。