スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Eternal Sadness - Celebrate...



ドイツ 1999年 2nd

強烈に臭いゴシックメタルサウンドが素晴らしかった1stですが本作もその路線を受け継いだクサクサな音です。
楽曲の方は中々多様性が出てきていて同じスタイルながらも一曲の中で色々なアプローチを試しています。
展開やフレーズは結構プログレ風なとこが増えてきてますね。
前作でも感じたことですがKeyの音色の多様さと使い方のうまさは唸らされます。
特にファンキーなオルガンとスラップベースを大胆に取り入れたグル―ヴィーな#2は出色の出来。
全曲壮絶にクサいですがその中でもクサさが爆発している#3も素敵。
色々な要素を上手く消化したサウンドは中々独特で面白いんですが何故か自主製作のまま終わってしまったのが残念な作品です。
適当なレーベルがつけばクサメロマニアに支持される隠れた名バンドくらいにはなれた気がします。

スポンサーサイト

2013/04/03 19:30 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

GENGHIS TRON - Dead Mountain Mouth



アメリカ 2006年 1st

激速打ち込みドラムを生かしたカオティックでブルータルなデス・グラインドにサイバーなアトモスフィアを発するシンセ・美しいエレクトロ・テクノパートを組み合わせ目まぐるしく展開する路線は今までどおりですが、前作と比べると曲展開や諸要素の組み合わせ方がこなれてきていて質は高くなったものの前作ほどのアヴァンギャルドさ、狂気は余り感じられなくなっています。
勿論ユニークで高品質で情報量の多い作品であることには変わりません。
かなり濃厚な作品なので結構聴いていて疲れますがメロディ自体はとても甘く切ないメロディが満載なのでそこで楽しめます。

2013/04/03 11:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

GENGHIS TRON - Cloak of Love



アメリカ 2005年 EP

最近のアメリカのこの手のバンドらしいメロディックでカオティックでテクニカルなデス・グラインドに大胆にテクノ・エレクトロニクス要素をブチ込んだサイバーグラインド。
打ち込みドラムの機械っぽさを上手く生かした冷たくメカニカルな激烈なメタルパートと癒し系の美しいメロディを聴かせるエレクトロ・アンビエンスパートの組み合わせ方のセンスが非常によく5曲13分と短いながらも内容は非常に濃厚です。
ただバッキングが完全に最近のデスコア・テクデスなのでそれが嫌いだと厳しいかも。

2013/04/03 11:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。