スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Magnum-Kingdom Of Madness



イギリス 1978年 1st

1stではちょっとQueenっぽい感じもするようなドラマティックで大仰なプログレハードです。
少し実験的な要素を含み、英国的な気品と叙情性に満ち、劇的に激しく展開する楽曲は今聴いても新鮮な輝きを保っています。
何よりMagnum最高の魅力である英国らしい湿り気に満ちた気品ある叙情メロディが素晴らしいです。心温まります。
歌も演奏も勿論極上です。
プログレのファンタジックさとハードロックのエッジの完璧な融合と言ってしまっても良いんじゃないでしょうか。
タイトル曲#4は永遠の名曲ですが、そのほかの曲も名曲過ぎて聴いている間途中で止めたりスキップするような隙が全くありません。ハードな楽曲とソフトな楽曲の配置バランスも良く聴いてて飽きさせません。

1stにして非の打ちどころのない完璧な作品です

スポンサーサイト

2013/08/23 17:32 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Magnum-The Eleventh Hour



イギリス 1983年 4th

Chase The DragonとOn A Storyteller's Nightという2大名盤の間に挟まれている作品のためどうも地味な印象を受ける作品です。アートワークもなんか不気味だし・・・。

ですが内容の方は前後作に引けを取らない素晴らしさです。
アコギから始まりマグナム、というか英国らしい泣きのギターが炸裂する#1、クラシカルでシンフォニックな味付けのKeyが活躍する#2、そして哀愁のメロディたっぷりでアップテンポな#3と冒頭3曲はかなり強力な流れを感じさせますし、爽快感溢れるメロディと劇的な展開が素晴らしい#9等名曲揃いのアルバムです。

Bob CatleyのVoは本作でも相変らず最高ですし、Tony ClarkinのギターとMark StanwayのKeyの絡みも絶品です。
全体的にサウンドプロダクションがシンプルで乾いた感じな為Keyが良く映えてます。

サウンド的には日本人好みだと思いますし、音楽的クオリティも間違いなく高いと思うんですがなんで今一日本では評価されていないんでしょうか。とても残念です。

2013/08/23 17:20 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Manilla Road ‎– The Official Demo Series Vol. 2 "Dreams Of Eschaton" Demo '81



アメリカ 1999年 デモ再発

イギリスのファンジンMetal Invaderが再発したもの。
サウンド的にはメタルと言うよりハードロック色が強いですが、クリーントーンギターが生み出す独特の荘厳で神秘的なムードは中々興味深いですし、エピカルさもしっかり有るのでManilla Roadが好きなら楽しめると思います。
何より曲がコンパクトで聴きやすいのが良いですね

2013/08/23 17:07 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Angelica-Angelica



アメリカ 1989年 1st

遂に入手しました。しかも国内盤です。
サウンドは2nd.3rdと同じ路線のアメリカンでメロディアスなハードロック・メタルですが、サウンドのエッジの効きやメロディの良さは本作が一番なのではと思います。
ちなみのVoのクレジットやアー写にはAndy Lyonという人が掲載されていますが、実際に歌っているのはRob Rock。
Dennis Cameronのギターも相変らず素晴らしく、流麗で親しみやすいメロディを奏でるソロは勿論この人の場合バッキングの格好よさに耳を惹かれます。

2013/08/23 16:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Pavic-Taste Some Liberty



イタリア 2005年 1st

ジャケが良かったので買ってみました。(600円)
サウンド的には王道なハードロックですが中々これは掘り出し物。
へヴィでソリッドなギターはリフもエモーショナルなソロも中々達者ですし、
Voもちゃんと歌える人で安定感があります。
アップテンポな様式美曲から泣きのギターをフィーチャーしたアコースティックな曲までバラエティも豊かでなかなか楽しめました。
あとはこれ!という強力な曲があればより良かったような。
キー・マルセロ、トニー・フランクリン、ヴィタリ・クープリがゲストで参加しています。

2013/08/07 19:59 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Ablaze My Sorrow-The Plague



スウェーデン 1998年 2nd

Ablaze My Sorrowはこれだけ持っていなかったので買ってみました。
サウンド的には3rdのメロデスラッシュ路線なんですが、これが糞つまらない。
この手の音楽の要であるメロディは今一弱いですし、リフもそこまで格好良くない。
The Return of the Mighty ravenとか格好いい曲は有りますが全体的には何も印象に残らず。つまらん。

2013/08/07 19:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Casanova-Casanova



ドイツ 1991年 1st

メロハーの傑作として知られている作品ですね。
80年代に売れてた様なアメリカンハードロックをベースとしたサウンドでアメリカンな感じ全開の能天気な曲は余り好きじゃないんですが、バラードやしっとりした曲で聴かせてくれる泣きのメロディの美しさは素晴らしいです。
アコギやシンセを絡めた緻密で繊細なアレンジの楽曲はキャッチ―なフックに満ちていますし、一緒に歌える良いメロディやコーラスもたっぷり。
個人的には以前聴いたHeroesの方が陽気さが薄いので好きですが、本作も良いアルバムです。

2013/08/07 19:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Chariot - Burning Ambition



イギリス 1986年 2nd リマスター+ライブ音源を追加したCD盤

1stも良かったんですが、本作は格段にレベルが上がっていますね。
NWOBHMらしい愁いを帯びたメロディが大量に導入されておりそれがパワフルでアグレッシブにな演奏に絡むサウンドはマニアの間で傑作扱いされるのも納得の格好よさ。
頭3曲のメロディとアグレッションのインパクトは中々のものです。
Cradle To The Graveのイントロも最高ですね。
哀愁をおびたパワフルな正統派メタルが好きなら聴いて損はしない名作です。

2013/08/07 19:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

Chariot - The Warrior



イギリス 1984年 1st ボーナストラックにライブ音源を追加しCD化したもの

シンプルなリフで子気味よく疾走する典型的NWOBHMで格好いいものの可もなく不可もなく、という印象を受けましたが
#6When the Moon Shinesからの後半は英国らしい湿ったメランコリックなメロディがぐっと増え聴きごたえのあるサウンドになっています。
非常にNWOBHMらしいトラディショナルなへヴィメタルなのでこの手のが好きなら間違いないでしょう。
ライブ音源はかなり音質も良く演奏も勢いがありアグレッシブでナイス。

2013/08/07 19:32 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。