スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Various Artists-Buddha-Bar III



世界各地 2001年 3rd

パリのBuddha-Barというラウンジバーが企画したコンピ。
2枚組でDreamとJoyに分かれています。

Dreamサイドはどこかインドっぽさ、仏教ぽさを感じさせるオリエンタルなムードのある
エレクトロニカやインストが中心の作品で、Dreamの名の通り美しく浮遊感漂う楽曲群が素敵。

特に日本在住のアメリカ人尺八奏者ジョン・海山・ネプチューン氏のGolden Lotusは聴いていると
本当に天に昇りそうな、美しく雄大で癒される素晴らしい名曲です。
インストでここまで衝撃を受けた曲は初めてかも知れません。

Joyサイドはより民族音楽的な要素が多く、とライバルなパーカッションやシタール、
インド音階を前面に押し出した曲が多いです。なんというかインド人がやってるカレー屋で流れてそうな感じ。
悪くは無いんですが僕はDreamサイドの方が好きですねぇ・・・。

スポンサーサイト

2012/08/08 00:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。