スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Branikald - Varg Fjerne A Tornet



ロシア 1995年 1st Stellar Winterから2007年にCDで再発されたもの

サウンドは勿論相変わらずですが、
To Kampfと比べると格段に音質が良くなっていて非常に聴き易い、
正統派プリミティブブラック的サウンドになっています。
ミニマルなビートと反復される寒々しく悲しいメロディに身をゆだねる気持ちよさは本作でも体感できますが
音質が割とクリア(あくまでプリミティブブラック基準)なのであの吹雪の中を彷徨うような
感覚があまり得られないのが個人的に少し物足りなくも感じました。
これで音質がグチャグチャだったら大好きな作品と言えたと思います。

ただ普通に格好良い普遍的なサウンドではある為勿論楽しめましたし、このバンドを聴く
とっかかりとしても良いかもしれません。

スポンサーサイト

2012/11/07 10:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。