スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Branikald - Av VinterKald



ロシア 1997年 4th

他の作品と同じ2ビートに寒々しく哀しいメロディを乗せて淡々と進んでいく
コールドかつミニマルな作風で正直取り立てて書くことは無いのですが、相変わらず
この冷たく寂寞とした世界観は素晴らしいです。

正直細かく微妙な違いはあれどやっている音楽は全て同じですので
普通の人は1~2枚持っていれば十分だと思いますが、僕のようにこういう音が好きでこれが病み付きになる人は
本作も買うべきだし勿論他の作品も買うべきだと思います。

また僕がこのバンドを好きな点の一つにサウンドをそのまま絵にしたような、ロシアの凍てつく冬と自然を
感じさせる素晴らしいアートワークが挙げられるのですが、本作のアートワークは数あるBranikaldの
ジャケの中でも特に神秘的かつ冷たい美しさを感じさせる物だと思います。

スポンサーサイト

2012/11/07 21:44 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。