スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Branikald -A Life Betrayal to a Life Denial



ロシア 1998年 5th

相変わらず「Branikaldな音」なので好きな人意外は買う必要は無いと思われる作品ですが
本作は(も?)淡々としたビートに絡む荒涼とした悲哀のメロディの扇情力が中々凄まじく
劣悪な音質の下単調かつひたすら繰り返されるリフ・リズムによる陶酔感と寒さという、
ブラックメタルならではの感覚を十分に楽しむ事が出来ます。
一曲目Searing the Mouth of Spiritのメロディの強力さにはハッとされますしそれ以降の曲も
かなり強力なメロディの流れを感じさせる曲ばかりで非常に良質な作品といえるでしょう。
ハードコアチックながなり声もヘイトフルで格好いいです。
黒を貴重に自然を描いた神秘的なアートワークも相変わらずセンスが良いですし、とても良い作品です。

スポンサーサイト

2012/11/12 20:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。