スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Bellzlleb - Section II ~ある愚者の生涯~

ベル是部部

日本の4人組1990年作の2nd。
厳密に言えばブラックメタルとはいえないかもしれないが、
充分ブラックメタラーにもアピールしうる音だと思うので紹介する。

陰鬱でスローで呪術的な#1から漂う儀式的な雰囲気が素晴らしい。
そしてスラッシーなリフに霊氏の怨念の篭もった歪んだ声が乗り疾走する#2
中盤に設けられたアコギによるインストパートも不穏な空気を醸し出している。

#3はベースが蠢く呪術的な曲で、個人的にはバウハウスっぽいなぁ、と。

作品全体に漂う、ひたすらに重く、暗く、引きずるような儀式的な音は彼ら唯一無二の音ではないだろうか。
今から妬く20年前に、こんな音を出していたというのはただただ驚くしかない。

生まれてて来るのが早すぎた感がしてならない・・・・・。
素晴らしいです。

スポンサーサイト

2008/03/18 19:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。