スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Magnum - Vigilante



イギリス 1986年 6th

Chase The Dragonと一緒に売っていたのでついで、という感じで買った作品ですがこちらもまた本当に格好いい。
#1を筆頭に全体的にポップさが前に押し出されており産業ロックに近づいたという印象ですが「超」ブリティッシュな湿った強力な哀愁のメロディはさらに磨きがかけられていますし、プログレがかったアレンジの巧みさも流石ベテランだと思わせてくれます。
哀愁漂うAORタイプの曲から壮大なバラードまで楽曲のバラエティも多様ですしどれも素晴らしいメロディとフックを兼ね備えているため勿論クオリティは極上です。
彼らの書くメロディが僕のツボを押しまくるというのもありますが下手なメロディックメタルやNWOBHMを聴くより余程Magnumを聴いていたほうがエキサイティングですし、変なメロデスやブラックメタルよりも全然泣けます。
決して派手さは無いアルバムですが、本作も聴きがいのある、コクとうまみの効いた大名作です。

スポンサーサイト

2013/02/17 00:43 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。