スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Leatherwolf - Street Ready



アメリカ 1989年 3rd

以前2ndを聴いてドハマリしたバンドです。
本作もあのドラマティックで叙情的なへヴィメタルサウンドは健在でツインギターの切なく湿ったメロディと分厚く大仰なコーラスは本作でも涙腺を刺激しまくってくれます。
相変らずミドルテンポの楽曲に魅力のあるバンドですが、アップテンポなパートを挟むことで上手くメリハリがついていますしより楽曲を劇的に聴かせてくれます。
#1のこれでもかと泣きまくるギターが余りにも格好良過ぎて買ってすぐは#1ばかり聴いていましたが#3等本作も名曲揃い。
レビューを見るとポップだとか売れ線狙いだみたいな批評をよく見かけますが僕はそんなことは無いと思います。
前作ほどの凄味や衝撃がないのは少し残念ですが仕方ないっちゃ仕方ないですしRise or FallやThe Callingクラスの曲なんて早々作れるものではないと思います。
本作も本当にクールなアルバムです。こういう音が好きなんだよなぁと思わせてくれるバンドです。
ただ何度聴いてもアメリカのバンドとは思えない湿り気です。

スポンサーサイト

2013/02/17 01:01 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。