スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Aragorn-Night Is Burning



イギリス 

1982年に録音されていたもののお蔵入りになってしまった1stをDepressive Illusions Recordsが33枚限定でオフィシャルリリースしたもの。

ダークアンビエントやデプレシッブブラック系のレーベルがNWOBHM、というので対して内容を確かめずに買ってしまいましたが割合まともなサウンドです。

勿論B~C級なサウンドではありますが、コンパクトでキャッチ―なリフで軽快に走る曲は中々憎めませんし、時々Mortorheadを思わせるノリノリなドライブ感も顔を出したり、いなたい感じのクサレなメロ・ギターソロが出てきたりと個人的には結構、というか普通に楽しむ事が出来ました。
NWOBHMの中では結構激しくて馬力のあるサウンドなんじゃないでしょうか。

アコギでしっとりメロウに聴かせるバラード系の曲やシャッフル系の曲、ベースがファンキーにうねる曲等意外とフットワークが軽いのも特徴的です。

ただシニカル、というか変にファニーな語尾の節回し(声質の問題?)を多用し、時々妙にカマ臭く聴こえるVoが中々癖があり僕は最初そこがどうも苦手でした。まぁ聴いていれば慣れますが。

スポンサーサイト

2013/02/17 20:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。