スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Bob Catley-The Tower



イギリス 1998年 ソロとしては1st

MagnumのVoのソロアルバムでTENのGARY HUGHESが作曲やプロデュースを手掛けレコーディングにはTENのメンバーが参加しています。
ケルティックなイントロには少し驚かされましたが哀愁のメロディが素晴らしいドラマティックな#1は素晴らしい名曲ですし、掴みは最高です。
その他の曲も美しく悲しいメロディが冴える楽曲ばかりで飽きませんし、所々ケルトなメロディも良いアクセントになっています。勿論Bob Catleyの声は本作でも最高です。
特にスローで壮大で物悲しい#6は楽曲の凄まじさもありますがBob Catleyの歌声は特に絶品です。
ジャケットもどこか冷たさを感じさせる楽曲に合っていますし、これは名盤と言われているのも納得です。

スポンサーサイト

2013/03/12 21:42 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。