スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Dryados-L'amour n'Enleve Pas Vraiment La Depression...


ロシアのシンフォ/メロディックブラック 2004年作1st。

クラシカルな雰囲気もあるクッサクサのリフを弾きまくるギターと、荘厳でシンフォニックなKeyが
ひたすらにクサいメロを奏でていて、クサメロ好きはガッツポーズな出来。
疾走パート中心ながらも、緩急を付けてドラマティックに展開していく良質な一枚。

Keyのメロやスロー~ミドル時におけるゆったりとした展開からは、ゴシックメタル要素も伺える。
ドラムは打ち込みだが音色がしっかりしているのであまり気にならず。

気になった点としては、Voがベタっとした起伏の無いデス声なのでもう少し表現力が上がれば、
さらに素晴らしい作品になっていたのではないだろうか。

クサメロシンフォブラック好きにお薦め。

スポンサーサイト

2008/09/22 23:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。