スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Ufych Sormeer - Anthem to the Glory of the Great Octagon


フランス 2001年作1st。

やたら長い曲名、ファンタジックなジャケからわかるようにBal-Sagoth
直系のエピカルで大仰で派手派手なシンフォニックブラックメタルをやっている。

ジリジリした音色で叙情的なソロ/リフを奏でるGt、ひたすらクサく
大仰なKeyを軸に緩急を付けて展開するサウンドで、自分は本家の方は
あまり詳しくは無いのだが、中々高品質な出来に仕上がっている。
楽曲も、疾走パート主体で緩急を巧みに付けつつもコンパクトにまとめられている。

Voはヒステリックに高音域で喚き散らす声と低音域の語りを使い分けている。
どうやらちゃんとストーリーもあるようなのだが、英語力が皆無なので読んでいない。

そんなわけで本家のBal-Sagothを始め、クサくて派手派手なシンフォニックブラックが
好きなら楽しめるのではないだろうか。

現在はシンフォニックなHMをプレイしている模様。
マイスペで試聴したところ音楽性がかなり変わっていて驚いた。
しかしこちらも中々好みの音なので、機会があれば入手したいと思う。


マイスペ

スポンサーサイト

2009/01/03 21:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。