スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Dagoba - What Hell Is About

画像 183

フランス 2006年作2nd。

ザクザクとへヴィなリフ主体のなんというか、今風な感じのメタル。
Voはサビはメロディアスに歌い、他は咆哮する感じ。

この手のは今までどちらかというと苦手だったのだが、所々に挿入される
インダスリアルパート、アトモスフェリックで美しいKeyの演出する
冷ややかで冷徹なムードが個人的にヒットしたので結構楽しめた。
喉から血を出さんばかりの壮絶な咆哮を聴かせてくれるVoもかっこいい。

#6「It's All About Time」、#11「Morphine - The Apostle of Your Last War」は
Dimmu BorgirのICS Vortex氏が参加して素晴らしい歌声を聴かせてくれる。
#6はVortex氏のパートだけシンフォブラック風にするなど、小回りが効いていて良い。

全体的にKeyの美しさに耳を惹かれた。
普段はあまり馴染みのない音だが、これは結構良いと思う。

マイスペ

スポンサーサイト

2009/08/06 00:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。