スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Thy Repentance - Through the Twilight Eyes of Frost

画像 305

ロシア 2003年作2nd 録音自体は1997年にされていたらしい。


アンビエント調だったり時にはクラシカルだったりと多彩な音色を使い分ける
重厚で美しく物悲しいシンフォニックなKeyが非常に印象的なアトモスフェリックブラック。
Voは様々な声色を使い分ける中々表現力豊かなタイプ。

所々でオペラティックな歌唱や女性Voも取り入れているが、決して甘くはならず
作品により妖しげで邪悪な雰囲気を加味している。

思想的には自然崇拝・シャーマニズムに影響を受けているようで、
美しく牧歌的なインスト「When The Sky Is Dark Yet」からもその影響がうかがえる。

劣悪な音質、ノイジーなGtと美しく冷ややかなKeyの対比や
ミドル主体のどこか土着的で陰鬱な雰囲気の漂う楽曲は
WondererやWintermoon(要するにAzhemin氏関連のバンド)を髣髴とさせる。

そんなわけでシンセのメロディが前面に出た
美しいアトモスフェリックブラックが好きなら楽しめるのでは。
Fear of Eternityとかああいう感じの。

個人的にはかなり気に入ってるアルバムです。

スポンサーサイト

2010/02/05 22:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。