スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Raintime - Psychromatic

画像 399

イタリア 2010年 3rd

路線的には前作の延長線上にあるサウンドだが、デス声よりも普通声の比率が高いVoを
始め、Keyもトランス風のピコピコした音色を多様していたり結構路線が変わっている。

テクニカルな演奏に裏づけされたプログレッシブさとポップさを兼ね備えた楽曲に
流麗なメロディは相変わらず素晴らしいし、メロデス色の強い「Nothing But A Mistake」等
良い曲も多いのだが個人的に傑作だった前作と比べるとどうも魅力的な部分が少ない。

何回か聴いているうちに良いアルバムだな、と思うようにはなったものの
前作と聴き比べるとやはり聴き劣りするのも確か。

普通に聴いたらクオリティはかなり高いと思うが、個人的な評価としては今一。
2ndがかっこよすぎた。
ああでも日本盤ボーナスの「My Show」はかっこいいですよ。

スポンサーサイト

2010/05/08 22:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。