スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Brian Jones Presents-The Pipes of Pan at Jajouka

画像 547

1968年 モロッコ/イギリス 1st

69年に他界した元rolling stonesのBrian Jonesがモロッコ北部リフ山脈の
ジャジューカ村で録音した宗教音楽をベースにエフェクト等をかけて再構成したもの。

当時ウィリアム・バロウズはこの作品を「400年前のロックンロール」と評したらしいですが
中々どうして上手い事言いますね。

無限に反復されるプリミティブなパーカッション、親父や女性、子供の掛け声、
チャルメラ、笛、パイプ等の楽器が一体となって生み出すそのサウンドは
上手く言葉に出来ないものの、呪術的で力強いエネルギーに満ち溢れていて恍惚的。

気がつくとずっとこのアルバムをリピートしていられるくらい。
なんだか聴いていると快感すら感じます。
元々トランス状態を生み出すための音楽だそうなので、そういう効果があるんでしょう。

部屋を暗くしてイヤホンで大音量で聴いているとなんかこう、あちら側の世界に行きそうな感じすらしてきます。

ボーナスに2曲RemixVerが収録されてますがそちらもGreat。

スポンサーサイト

2010/12/12 01:03 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。