スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Lord Agheros - Of Beauty and Sadness



イタリア 2010年 2nd

1stと同様に只管重苦しく、救いのない暗く悲しいゴシック・シンフォブラックです。
美しくもあるサウンドですが、陰鬱とした絶望感が全体を覆っています。
その中で、仄かな救いにも思えるような儚さと美しさをたたえた雄大な#9「Back To Innocence」は子供たちが
遊び、笑う声がSEとして織り込まれていることもあり、一筋の希望を感じることができる素晴らしい1曲です。
前作同様非常に素晴らしい作品です。

スポンサーサイト

2011/05/24 20:43 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。