スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Kristallnacht / Blessed In Sin / Seigneur Voland -Gathered under the Banner of Concilium



2001年 フランス Kristallnacht「Of Elitism And War」を追加して2004年に再発した物

Kristallnacht(#1~2、#8~15)
相変わらずメロウに泣きまくるフレンチ・国産ブラックのお手本のようなプリブラ。
こういうのはもう聴き飽きたよ、と思わなくもないですがなんだかんだで食指は動きます。
でもいい加減もう飽きた気がします。
Reigning with Honour and TyrannyはBekhiraっぽくていいです。

Blessed in Sin(#3・7)
メロウだけどありがちで類型的なプリブラだなぁという感じですが中盤以降のアトモスフェリックで
キラキラした感じのKeyの絡みは中々良いです。
#7はライブ音源でBeheritのThe Gate of Mannaのカバー。
どんだけ音質劣悪なんだろうと思ったけど意外にも音質はクリア。
特に面白味は無いが、この手のバンドのライブ音源と考えると多少価値はあるんでしょうか。

Seigneur Voland(#4~6)
これも相変わらずSeigneur Voland節、というかメロウなフレンチプリブラです。
悪くないけど。

フレンチブラックやフレンチ影響下の国産ブラックが好きなら買って損は無いと思いますが
どのバンドもこってりメロウすぎて胸焼けします。
BISは知らないので何とも言えませんが、他のバンドは他作品との差もあまりないので若干飽きる感も。
お茶ユニオンで低価格で頻繁に売られているのは何故なんでしょうか?

スポンサーサイト

2011/10/20 22:21 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。