スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Grim Sköll-The Woods Shall Cry Forever



メキシコ 2009年 2nd

チリチリギターのメロウなリフとピアノを多用するアトモスフェリックなKeyが奏でる、時に温かみさえ漂う
哀しく切ないメロディが涙腺を刺激するゆったりとしたアトモスフェリックブラック。
思想的にはペイガン系のバンドのようで時折牧歌的で美しいメロディも顔を出すのが嬉しいところ。
楽曲は割と長尺ですが多彩な表情を見せる哀愁のメロディが飽きさせません。
とにかくメロディの充実度が素晴らしく、音は若干チープですが叙情派マニアは聴いて損はないでしょう。

スポンサーサイト

2012/02/04 23:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。