スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

Grim-Folk Songs For An Obscure Race



日本 80年代後期に活動していたノイズユニットの編集版

機械的なビートに不穏な空気バリバリの金属的なノイズと暴力的なVoが絡む暗黒ノイズ。
呪術的で不気味な雰囲気が充満する重苦しく極悪な音ですが時々挿入される
シンセ・アコギによる儚すぎるメロディが素敵な小曲がまた素敵。
キュートと言ってしまっても良いくらい素敵なメロディを奏でるシンセパートから
怒涛の轟音ノイズにになだれ込む「Hell」が素晴らしい。

アルバム後半では揺蕩う様な切なく儚げなトラッド・フォークをやっているがこれがまた絶品。
とにかくメロディセンスが素晴らしく、極悪暗黒ノイズをやってるような人たちがこんなに
優しくキュートなメロディも書けるというのが凄い。

ノイズ好きはもちろんブラックメタル好きな人にもアピールするでしょう。
これは凄いです。

スポンサーサイト

2012/03/09 16:49 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。